2021年7月23日金曜日

職人への道を挫折…からの気づき

お久しぶりです。

「手に職をつける」という人生の大きな目標に向けて電気工事士を目指して転職しましたが、、

辞めました。

それはそれはもう見事なまでの典型的な挫折でした。
ひと言で言えば、「職人の見習い生活に耐えられなかった」という事です。


・毎朝6時に会社に行って、先輩(会社)の車を自分で運転して一緒に現場に行く(狭い軽バンの助席でタバコを吸われる副流煙地獄)そして帰宅は18時。

・聞いたことの無い部品を取って来い、始めてやる作業で失敗、そして怒られる。特に機嫌悪い時の怒り方が尋常じゃない。(※俗に言う「怒ると叱るは違う」とかそうゆう次元じゃない。笑)

・会社にも現場にも、趣味嗜好が合う人や会話の弾む人が一人もいない。でも一番下っ端なんでとりあえずなんとか会話するしかない。「この先この人達と一生付き合っていくのかぁ…」という途方もない閉塞感。

・会社も現場も男だらけ。休憩室はむさ苦しい汗の匂い。簡易トイレは潔癖症だったら気絶するレベル。
(現場の写真はお見せできないのですが、トイレだけでもお見せしましょう…小はまだマシな方ですが大はとてもお見せできません…)



こんな日々が月〜土まで続いて、休みは日曜日のみ。
せっかくの日曜は疲れてクタクタで何も出来ずにあっという間に一日が過ぎてしまい、夕方くらいから「明日から一週間また始まるのか…」という憂鬱な気持ちになる。

その繰り返しを一か月乗り越えてようやく手にしたお給料は手取りが16〜17万円。…もう冗談抜きで泣き崩れました。


…でも良かった事もあります!
それは、お昼休憩で食べる昼ごはんの美味しさ!!
肉体労働の間に食べるご飯のありがたみは身に染みました。

相変わらず奥さんががんばってくれました。ほんとに感謝です。

つくね弁当


ピリ辛ポテサラ弁当(これが絶品!)


少しですが余裕が出始めて、自分でも料理を再開しました。

ポトフ弁当


唐揚げ弁当


(市販のメンチカツだってこの状況で食うととにかくうまい!)



まぁそんな感じで色々書きましたが、誤解の無いよう言うと、別に僕が特別イジメられたとか、異常な会社に入社したとか、そうゆう事ではまったくありません。(むしろ社長は人格者でした)
建築職場での見習い職人として、当たり前の事を当たり前に経験しただけの事です。

こんなの当たり前に乗り越えて、立派に一人前の職人になる人だってたくさんいます。実際先輩達は高卒や専門卒でこの業界に入り、自分の年齢くらいの手取りはゆうに稼いで家族もマイホームも持っていました。

でもぼくには無理でした。
それでもなかなか「辞めます」と言い出せず、ようやく言い出せたのが勤めて三か月後でした。

なぜ辞める事を言い出せなかったかと言うと、半年間の職業訓練校まで通い、40歳手前で思いきって転職したのに、数ヶ月で辞めるとなると周囲からは「フラフラしてカッコ悪い」と思われるでしょうし、職場の人達からも「いい歳して根性無し」と思われたまま終わるのも恥ずかしいな…という思いがありました。

…が!

今にして思えば職人経験で言えば三日も一週間も三か月も大差ないので早く辞めればよかったです。笑

と、それくらい今は開放感に満ち溢れています。

そして大袈裟ですが今まででおそらく一番辛いと思われる精神状態だったので、それを経て自分の中でひとつ答えが出ました。

それは…

楽しく生きたい

その一点であります。

「将来のために、今は我慢して耐える」
「下積みだから、仕方がない」

よく言われることがだと思います。

でも僕は、「今、この瞬間を楽しく生きたい」という本音に気がつきました。享楽的で刹那的なようですが、これがたどり着いた答えです。


職人を目指す日々で、(個人的に)辛い日々を過ごしているとある変化が起きました。

・笑顔が無くなる(後日、嫁さんから聞きました)
・誰にも会いたくない(友達の楽しい話ですら聞きたくない)
・他の選択肢が見えない(それなりの覚悟を持って転職したので、失敗したら人生終わりみたいな感じ)


実はこの転職失敗と時を同じくして、うまいこと順調に収益化できていたYouTubeが、おそらく自分の選択ミスによって一晩にして収益無効化されたのです。(そしてもうおそらく復活できません)※詳しく知りたい人は個人的にどーぞ。笑

「最悪、転職失敗しても自分にはこれから伸びるYouTubeの収益があるし」くらいに拠り所にしていたので、これはかなり絶望的でした。

それもあって、相当こたえてしまいました。
数日間ですが、夜眠れない日々も続いてしまい、「え、コレってもしかして鬱??」みたいにまで思い、本とかも読み漁りました。

最終的には僕は我慢強くないので耐えきれなくなって仕事辞めまして、それをきっかけにいわゆる人生のキャリアプランとか、もうどーでもよくなってしまいました。

…と、ちょっと長くなってしまったので、今回はこのあたりで終わりますが、最後の出勤日を終えて帰宅した日の開放感を今でも忘れられません。

最後の現場を終えてマンションに帰宅。



電気工事で使っていた腰道具を外して…



いつもなら疲れてこのまま何もできずに一日が終わるのですが、明日から現場に行かなくていいと思うとウキウキしてしまい…笑


辞める事を決意した頃からちゃっかり用意していたフードデリバリー「出前館」の装備に切り替えました!



この経緯と様子はまた後日ブログにあげます!!