2013年12月9日月曜日

HIGHLAND KNITの帽子達

気がつけばこんなに揃っていました。

Made in UK
材料のウール、デザイン、生産まで一括して英国製を貫くハイランドニットです。

生地感や被り心地がとても良い!
しかもインポートのわりにはお値段は良心的で、だいたい4000円しないくらい。

田園でのんびり育った羊の毛を刈って、イギリスのおっちゃんが休憩で紅茶でも飲みながら作ってるのかな~


…とか言って過酷な労働条件で工場のルーティーンワークだったら夢が無いね。

僕には知る由も無いですが、冬になると断然被りたくなるニット帽なのです。

2013年11月9日土曜日

宮沢和史

マヌ・カッチェの事を書いていたら堪らずMIYAの事を書きたくなりました。

THE BOOMのボーカリストというだけではまったくカテゴライズしきれないミュージシャンです。
ブームもソロ活動もGAMGA ZUMBAも大好きです。

「島唄」「風になりたい」は言わずもがな、その他にもたくさんの名曲を世に送り出しています。


…そしてリアルタイムでは活動休止の宣言をした事がここ最近の大事件です。

初めてちゃんと気にしたのは高校生の頃ラジオからふいに流れたブームの「星のラブレター」でした。

ちょうどその時の夏の夜にばっちしハマったのを覚えています。

書けば書くほど陳腐になってしまうのが悲しいのですが、こんなにも日本の情景を歌に出来るミュージシャンはそういないと思います。

スカビート、ロック、沖縄、ブラジルと色々な音楽を完全に昇華して自信の歌にするそのセンスはまさに類稀ない才能としか言えません。
きっと根底に揺るぎない「何か」があるんだと思います。

その「何か」を見つめ直す為に今回の活動休止があるんだと思われます。

「お前は何様だ??」って感じですが(笑)、僕はそう思っています。

なのでMIYAの新しい歌が生まれるのが楽しみです。

余談ですが、こんなにセクシーなロン毛が似合うのはMIYAかトヨエツかどちらかでしょう。


こうゆう大人になりたいです。
そして風になりたいです。



Manu Katche

アフリカ系の血をひくフランス人ドラマー「マヌ・カッチェ

まず帽子の被り方がカッコいい。
そしてハットを細かく刻むときの手の振りがカッコいい。


初めて彼のドラミングを聴いたのは、僕が尊敬して止まない宮沢和史のソロアルバムの「Sixteenth Moon」の一曲目「抜殻」でした。
このアルバムは全曲マヌ・カッチェが叩いており、これまた秀逸です。

とにかくリズムと取り方とそのグルーブに思わず「!?」となりました。

明らかに日本人ドラマーとは違うリズム感なんだけど、あくまでMIYAの歌を引き立てるそのドラミングに魅了されたのを覚えています。

それ以来ずっと気になっていたんだけど、先日遂にリーダーアルバムを購入しました。

YouTubeで見た「Keep On Trippin'」がきっかけです。久々に「カッコいい~!!」って感じでした。
正直ジャズというジャンル自体はあんまり分からないけれど、好きなドラマーの叩くジャズは理屈抜きにしびれますね。

同じく大好きなドラマーBrian Blade然り、作曲も出来るドラマーってなんか好きだなぁ。
叩いてる背景が見える感じがグッときます。
ジャンルは異なれど日本人だとGRAPEVINEの亀井亨さんなんかもそうですな。

まぁその辺はまた改めて。

能書きはこの辺にして、Manu Katcheのグルーブをぜひ濃厚な赤ワインと一緒に堪能してみてください。
絶妙なシンバルワークとハイピッチのスネア、ハットを細かく刻むときのキレが堪りません。

ヤン・ガルバレクのグループのマヌもこれまたまた良さそうです。
冬に聴きたくなりそうな予感。


2013年11月3日日曜日

稲取集合

茨城転勤が決まったHRKW氏が“引越し前に”と遊びに来てくれました。

夜、近くの居酒屋でサクッと飲む。


翌日は河津へドライブ。
目的地は山奥のとある一軒家。

先述した「大人の階段を登るかもしれません」というのは、実はここの家を購入しちゃおうかな~という事でした。


だってほんとにロケーションが最高なんです。
ベランダから見えるのは海と空。
草木を揺らして風が鳴っている音が聞こえます。
お値段は土地建物付きの980万円。

毎日この景色見てたら…って思ったけど、ちょっと考え直す事にしました。

そもそもお金無いしね(笑)



ちょうどその日彼女と伊豆にデートに来ていたOT氏と合流し、稲取でしばし歓談。

芝生の広場で靴飛ばし大会なんてしてみる。ワタクシのブーツが木の上ひっかかるというミラクルも起きる(笑)

いや~しかし思えば小~中学生からの仲だが、なるほど大人になったもんだ。


なんかそろそろこうドカッと何かが変わって欲しいけど、本当はそんなのを期待してないで、日々の積み重ねが大事なんでしょうなぁ。

がんばります。












2013年10月19日土曜日

THE BLUE WATER @沼津市魚町

沼津の川沿いにある倉庫を改築したカフェレストラン&アパレル雑貨屋さん。

その名も「THE BLUE WATER」


もうこの辺りじゃすっかり有名店で、皆さんデートや女子会に御用達な感じです。


久々に来たらレイアウトが変わってて、より開放感抜群でした。

まさにリバーサイドって感じね。
素敵なお店です。


伊東~下田地域にもぜひこうゆうお店あるといいなぁ。てかやりたいなぁ。

…なんて漠然と思ってるだけじゃ一生叶いませんから!!
あなたもうすぐ30歳ですから!!残念!!(死語)

と自分に言い聞かせ帰路につくのでした。


あ、わたくしは定番メニューのキムチカルボナーラをいただきました。
食べる前に写真を撮り忘れてしまうあたりで、いかに美味しそうだったか伝われば幸いです。


2013年10月17日木曜日

大人の階段を登ろうとした日

気がつけばここ最近で男友達の既婚者率が急上昇です。

友達伝いで「~が結婚したらしいよ」とはちらほら聞いていたが、親しい仲の友達がが結婚するといよいよ身近なものとして感じるものです。

高校の時は学校の予備校も一緒でしょっちゅう一緒に遊び、大学生になると車をゲットして有り余る時間をTSUTAYAとかスーパー銭湯とか夜中にドライブとかとしたMTHS氏。



高校~大学としょっちゅう一緒ではなかったけど、定期的にたまーに会っては意外とお互いの人生について話し合う仲のST氏。


あとは幼なじみのKNMC氏あたりがそろそろ結婚しそうですな。

とそんなこんなで大人の階段を登っていく友達の背中を階段の下から見ているわたくし。

「もうすぐ30歳だし、さすがにそろそろかぁ…」



…とまったく思わない事が怖い(笑)

ドラムセットと音楽機材とJeepの維持費でお金なくなっちゃったし、通勤ラッシュやスーツで働くのとかもはや無縁だし、振り返ると中身と経済力が高校生くらいからほとんど変わってない(笑)


大人になったといえばビール好きになった事くらいですわ。

それ以外はむしろ大人の階段を転げ落ちてるきがします…


そんなわたくしですが、近いうちにもしかしたらひとつ大人の階段を登るかもしれません。
乞うご期待

※結婚の類ではありません(笑)







2013年9月10日火曜日

東伊豆町風力発電

稲取の山のうえに、それは有る。

風の通り道

巨大な風車が風をきり、勢いよく回っている。圧巻である。
とにかくデカイ!


海を望むロケーションもこれまた良い。

賛否両論あるけれど、僕は風車好きです。
これ一基で、役300世帯くらいの電力がまかなえるそうだ。

風力発電で生活する小さな港町なんて、すごく素敵だと思うなぁ。

パワースポットです。



2013年8月30日金曜日

夏休み 2013

今年の夏は友人が二人遊びに来てくれました。



From TOKYO
“木場の一匹狼”ことHRKW氏。

一日目の夜は、伊東のひなびた夜の町を散策していただきました。
とはいえ夏は一番盛り上がる季節なので、祭りの露店なんかもあり、なかなか良い雰囲気でした。


喫茶店「わかば」の名物ソフトクリーム。
伊東で唯一のガールズバーで飲み散らかし、終了。



二日目は高原の湯で朝風呂入った後、伊豆高原のお食事処「かね光水産」にてアジフライ定食を堪能。ここは伊東港直送の地物を使用しているとのことで、やって参りました。
美味、そして満腹です。


そして海!伊東オレンジビーチにて夏を堪能。
この日は大きな花火大会もあり、町中人だらけ!


のっぽさんと中井貴一。



HRKW氏の友人(謎の浴衣美女)と合流し、皆で飲んで解散。
楽しかった〜。

貯金も、大企業での安定した地位もある。
でもおれの心は飢えている…金や安定や結婚じゃおれの心は満たされない!

HRKW氏はそういった気概を感じさせる男なのです。
またいつでも遊びに来ておくれ。あ、まずは9月に東京です。




続きまして…



From YOKOHAMA
“本牧のパットメセニー”ことIWSK氏。

今年はとにかく1曲録る!を目標にやって来ました。
コードストロークが安定しない僕に代わり、ギターを弾いてもらう。



MIDI鍵盤を持参してくれたので、鍵盤パートも録ってもらう。
譜面も起こしていました。ワタクシには出来ません…。



彼が録音している間、ワタクシは横から「あ、そこもっとこんな感じで…」みたいな感じで茶々いれていたのです。
でもこの前まで鼻歌程度だった歌が形になってきました。現在進行中。



翌日は海へ。


川奈のいるか浜です。砂じゃなくて砂利というのが最高です。
水もキレイ!


川奈の老舗喫茶にて激辛カレーを食す。
昔は辛いもの一切ダメだったのに、最近は好んで食べます。
味覚は変わりますな。




IWSK氏とはかれこれ大学時代からの仲ですが、お互い音楽を好きになってしまったばかりに、なかなか厄介な事になっている友達です。
せっかくここまで引っ張ったんだから、良い曲作りましょう。楽しくね。




来年は20代最後の夏休み…
また同じ事してそうな気がする(笑)

2013年8月13日火曜日

聖飢魔Ⅱという宗教

無宗教だった僕が遂に信仰をもつ事になりました…
それは…悪魔教!!!

そう、聖飢魔Ⅱです。

前から気になっていたバンドではあったが、このバンドの魅力に気がつくのがあまりに遅すぎた。

否、彼等が時代の先を行き過ぎたのです。

まぁ、分かる人には分かる。
そして分からない人には分からない。

それが宗教なのです。

ここから先は音楽的な私観ですが…

①ヘビーメタルバンドでありながらしっかりとしたグルーブを感じさせるリズム隊。
ファラオのように

それはゼノン石川和尚の“端正な指引きとスラップ”とライデン湯澤殿下の“間を掴んだアタック音”とが合わさった奇跡(悪魔)のグルーブであり…


②ギタリストの魅力溢れる個性。
JACk THE RIPPER

“悪魔の旋律”ダミアン浜田殿下…

“職人的サイドギター”エース清水長官…

“赤い炎”ジェイル大橋代官…

“青い閃光”ルーク篁参謀…


③それらをひとつにまとめ上げる絶対的カリスマの存在感。
蝋人形の館

そう、デーモン小暮閣下です。

ゾット星島親分もある意味そうゆう存在だと思います。


とまぁ、ここまできて「??」と思った人は悪魔教に入信することはないでしょう。
でもそれでかまいません。

本来の宗教は個人の心の支えであって、他人に強制するものではないですからね。

そういった点で、聖飢魔Ⅱはお布施頼みの新興宗教ではなく、純粋な悪魔教を確立したと思わざるを得ません。

あぁ黒ミサに参拝したい…














2013年7月22日月曜日

M-AUDIO Fast Track Ultra 8R

先述の通り、PC録音のためのオーディオインターフェイスを購入した訳です。

それがこちら。


またもや渋谷のイケベで特価の29,800円!
その昔、16トラックのMTRに10万近く払った事を思うと、このクオリティーはまさに時代の流れを感じます。

マイクの良さも手伝って、録れた音はMTRとは次元が違いました…
まぁ大事なのは音質じゃなくて曲なんですけどね。

ともかく自作のデスクにバッチリ収まっている訳です。


という事で、少ない貯金を使って今出来る最良のPC録音環境を整え、宅録再開です。
そしてついに本当にお金が無くなってしまいました…(笑)

まわりの友達が将来に向けてが結婚とかするなか、こんなことに貯金を使い果たすとは、未だに大人になれません。


全然関係ないけど、「最近Facebookがつまんないな~」と思いだしたそこのあなた!

…同感です。



2013年7月17日水曜日

M-AUDIO Sputnik

渋谷のイケベで掘り出し物発見!

M-AUDIOのコンデンサー真空管マイク「スプートニク」

初めて買ったコンデンサーマイクは同じくM-AUDIOの「Solaris(ソラリス)」でした。



5万円以下くらいのコンデンサーマイクでAKGとかaudio-technicaとか色々聴き比べてみて、一番クセが無いのがM-AUDIOのソラリスだったと記憶しています。

そのときたしかスプートニクも聴き比べて、「かなり音を拾うマイクだけど、味があっていいな~」と思ったものの、10万円近くするもんで予算オーバーで諦めました。



がしかし…
レビューなどの評価も高く、ステレオ録音するのに2本目としてずっと気になっていたものの、いつの間にか生産終了。

ネットでも販売しているところがなかなか見つかりません。

と、諦めかけていたある日!
渋谷のイケベに中古品発見!!
しかも3万円!即買いしました。

Solaris & Sputnikによる夢のステレオ録音…地味に感無量です。


狙っている機材はまだまだあります。

いつの日かDIYで作ったデスクが機材にいっぱいになる日が楽しみです。





2013年7月5日金曜日

自作DTMデスク

Macで宅録環境整える!
そのための机をDIYで制作しました。

簡単な設計図を書き(タダ)…



ホームセンターで板を購入&裁断(約3000円)…



一番苦手(※嫌い)な塗装を経て(約1000円)…



金物を駆使し(約3000円)…




ここが肝!
19インチラック仕様で機材を収納出来るようにレールを付ける。
机としての高さにも合うように14Uサイズをチョイス (約5000円)…



完成!
モニター下にPCのキーボードの収納できるようにして、MIDIキーボードを置くスペースを確保するという小細工まで成功。
この喜び (プライスレス)…



完璧!!
久々に上手くいきましたな。

しかしながらこうゆうのって、普通に買うと本当に高い…

12Uサイズの一般的なスタジオラックで25,000円くらい。




上のラックと下のマルチデスクが合体したようなものを低予算で作りたかった訳です。
ちなみにこのデスクは買うと45,000円…。

二つ買ったら70,000円!!


無理ですね、破綻します。笑

それに近い用途の物が12,000円できたと思えば御の字です。


Macは秋葉原にて中古品で4万円。

機材は渋谷のイケベ楽器にてオーディオインターフェイス&コンデンサーマイク&諸々周辺機器で8万円。

金はかかったが今出来る範囲での環境が整いました。
中でもマイクは掘り出し物だったな~

そんなこんなでひとまず完成!
こんな夜はビールが上手い!!

あとは中身ですな…
音を楽しむと書いて「音楽」

楽しみます。



2013年7月4日木曜日

new balanceの「M1300」

初ニューバランス!
そしてMade in USA。


中でも1300は“スニーカーのロールスロイス”と称えられた名品。

立ち仕事なので疲れない靴をずっと探していました。
ただニューバランスは着こなしを一歩間違えると…という怖さがあります。

今のところ…乗りこなしていません(笑)

しかしながら足元が新調されると気分がイイですな。

2013年6月24日月曜日

MINNETONKAのAnkle Hi Pug Boot

半年以上前に注文していたブーツが届きました!

レディースしか無い型なので、レディースのUS11サイズで注文。27㎝の僕でピッタリでした。

この手のブーツだとUGGやEMUが多いですが、この微妙な丈とカタチはミネトンカならではです。
レディースのよくあるサイズはネットで買えるけど、メンズが履ける大きいサイズはかなり希少だと思います。

アパレル特権で発注できたので、めでたくゲットできました。
…ただ個人的にこうゆうの履いてる男は好きじゃないですけどね。自己満足です。

冬が楽しみですな。