2017年10月27日金曜日

良識のある大人とは?

いきなり何?? って感じでしょう。

引っ越し早々、私は新居でそれに直面したのです。





引っ越しを終えてすぐ、入居している隣人の皆さんが僕らの歓迎会を開いてくれたのです。それはとても楽しく、お酒も進み色んな方と歓談をして終わりました。

ここの住民は基本的に仕事とオフィスをセットで入居しているので、皆さん個人事業主など、しっかりした大人の方々ばかりです。

私はこの日も例によって呑み過ぎてしまい、グデングデンで就寝しました。


…翌日。


※ここの住民はフェイスブックのグループへ参加しており、諸々の連絡はここで行われます。


こんな投稿が。


この会の参加者は10名以上いましたが、その中で喫煙していたのは私を含めてたったの2名。記憶を辿ると、その場所にタバコを置いたのは私だと思います。猛省します。


ただ、これから何か不祥事がある度に、こうやってフェイスブックグループに晒されるのか…

少なからず会社を代表して入居している立場でもあります。

このままでは夜にギターも弾けるか微妙、ましてやドラムなんてもってのほかです。
もちろん酔っ払って歌って踊って騒いでいいわけがありません。

良識ある大人であれば分かる事です。
至極真っ当な事なんです。

そんな当たり前の事に、引っ越してから気が付いたのです。
と同時に、前の住環境がいかに自由だったか…痛感しました。

スーパー、ホームセンター、コインランドリー、100均、コンビニが徒歩圏内。築年数もまだ数年で、設備はピカピカ。そう言った意味に於いての住環境は、申し分ないはずなんです。


でも、自宅で心を解放する楽しみは無くなりました。

やはり楽園は、自分で築き上げるものなのでしょう。




2017年10月25日水曜日

引っ越し 後半戦

2017年10月24〜25日、当初予定していた2日間で終わるはずもなく、本当であればくつろいでいるはずの連休も引っ越しになりました。

この日は両親が実家のトラックとも共に参戦です。そう、東京から伊豆に来た時のアイツです。



まずは両親と奥さんで隣の大家のおばあちゃんに、今までのお礼と最後の挨拶を。

が、おしゃべりなおばあちゃんは話が止まらずなかなか作業に移れない。笑

いざ!生活必要な物から先に運び出しておいたので、残るはこの楽器達!!



さらに埃まみれな部屋の片付けなどを行い、今日は往復を避けられそうです。

途中、休憩しつつ記念撮影。



両親はいつも21時には就寝なので、引っ越し作業を早めに切り上げ、夕ご飯!

修善寺の新居を紹介してから、着替えて準備していたその時…

…衝撃のサプライズが。笑
それはこのブログの最後にお見せします。


この日は魚がし鮨に行きました。
呑めるのはだけでしたが、御構いなし。笑



この日もたくさん呑みました。そしてグデングデンで就寝。


そして翌日、この日はわたし1人での作業です。


まずは住民票の転入届から。
晴れて伊豆市民となりました。めっちゃ雨降ってるけど。笑


そして郵便局の転送届やら、銀行口座の住所変更やらを済ませ、最後に伊東の自宅へ。

本日のメインイベント、廃棄!!

引っ越しで不要になった物全て業者さんに持って行ってもらいます。

冷蔵庫が2台あって、リサイクル料などもあり、軽トラック1台満載にして2万円のお支払い。


さようなら〜


なんかいよいよ最後って感じです。

照明器具等も元に戻して、がらんとした部屋で、隣のおばあちゃんと不動産屋さんで部屋の確認と、家の鍵渡し。

最終、楽曲と洋服だった部屋。

当初はここでリビングで、みんなでよく宅呑みとか部屋です。

最終、居間と寝室だった部屋。

当初はここが楽器の部屋でした。
明け方に和室がクラブ化したのもここです。笑

あぁ懐かしい。
懐かしくて涙でそうです。

それもそのはず、このあと新居で早々に心がくじける出来事が発生するとは、この時しるよしもありません。

この家が僕にとってはどれだけ天国だったのか。

築年数が古くて、なんかいつもおばあちゃん家に帰って来た時みたいな臭いがしてたけど。笑

ここがどれだけ自由な空間だった事か。

新居にてそれを思い知る事になります。
全ては隣に住むこの大家さんのおばあちゃんが寛大だったから。




「写真撮りましょう」って言ったら恥ずかしがって離れました。笑


「古い家に長い事住んでくれてありがとね」
「今まで住んだ人の中で、あんたが今1番いい人だったよ」

と言ってくれました。

夜中に友達とドンチャン騒ぎしても、ギター、ベース、ドラム何を弾いても一度も文句なし。

酔っ払って爆音で音楽流して歌っても、踊っても、何処でタバコ吸っても、問題なし。
時に家に出入りする女の子が変わっても、おばあちゃんは暗黙の了解で黙ってくれていました。笑


退去の日も、当初は20日で引っ越し終わる予定が伸びてしまい、「25日まで伸びた分の日割り家賃払います」と言ったらのに、「お金はいいからゆっくりやりな」と言ってくれました。

最後の部屋確認の時も、僕がDIYでいじった台所を見て「キレイにしてくれたね〜!」と言ってくれました。

普通、賃貸物件なら現状復帰が原則なのに。


これ以上書くと本当に泣けてきそうなんで、ここらへんにしておきます。

ここで過ごした日々は忘れません。










…衝撃のサプライズとは??

それは、両親がおもむろに取り出した封筒。「結婚祝いだよ」と。。







初めて見ました。笑








帯付きの現金100万円。


親はいつまでも親。
僕は親を越える事なんてできません。

今回は奥さんと一緒に受け取りましたので、前回のように使い込む事は不可能です。笑


本当にありがたい話です。


100万円の束を手にした私は、ヒャクマンに変身しました。


これにて、引っ越し終了です。笑

2017年10月20日金曜日

引っ越し 前半戦

2017年10月19〜20日で引っ越しを、セルフで完了するスケジュールです。


初日。


ですが、圧倒的な準備不足に加え、当日はまさかの雨。

とりあえず夫婦の車2台で、持てるだけの荷物を持って新居に向かいました。

その前に、何は無くともとりあえず昼ご飯。笑

中華武ぞう さんにて。



雨のなか、新居に到着!
電気、ガス、水道は段取りしてありました。到着直後、ガス開通です。

一階。


二階。

階段。


当然ですが、ガランとしています。
ここに荷物を運び入れます!

ここから、社用車のワゴンに乗り換えて、伊東市吉田〜伊豆市修善寺、約25㎞の往復が始まります。

初日の夜ご飯、英気を養うために、カツ!!笑

伊東の山かつ亭 さんにて。


夜中に最低限生活するのに必要な荷物を運び出し、新居へ。



…何は無くとも、ビールサーバー!!笑



片付けする妻の横で呑む私。
視線が痛い。笑

初日から呑んだくれ、新居での初夜を過ごしました。


二日目も朝から伊東市〜伊豆市の往復です。

夕方にようやくありついたルービータイム。



伊東の中華 喜楽 さんにて。


結局、かれこれ3往復しました。
さすがにバタバタで、写真すらありません。笑


そんなこんなで、引っ越し2Daysを終えました。写真だけ見ると食ってばっかですが、久しぶりにかなりの重労働でした。。



今は新居の修善寺でこのブログを書いています。


まだ続きます…

2017年10月19日木曜日

引っ越し 前夜〜当日朝

遂に引っ越しの日を迎えました。

前日の夜、本来であれば荷造りをして、運び出せる状態にしてあるはずが…

リビング。


台所。


楽器&洋服部屋。


この有り様です。笑
終いには、もう諦めてふざける始末。



そして当日の朝。
まさかの………




…雨。笑


今にも試合終了のホイッスルが鳴りそうです。

この雨の中、玄関の階段を登り下りするという苦行。


これ以上ないバットコンディションでの試合開始となりました。

続く…

2017年10月12日木曜日

哀愁下田遊戯

最後の宴を終えた翌日。

休みだったHR君と僕はPちゃんでドライブに出かけました!


目的は温泉とうまいもの。
まずは温泉!何度も行っているお気に入りの秘湯へ案内しました。


平日の昼だったで貸し切り状態。
500円で源泉掛け流し。チルアウト。

そして美味しいご飯を求めて下田へ。
お客さんから聞いていた情報でこちらのお店へ。

駅前通りにある一品香さんです。
「ラーメン屋さんだけど、ラーメン以外も美味しいよ」と聞いてきましたが、偽りなし。
しかもお店の皆さんがとても気さくで、居心地よかったです。


お風呂上がりにこのビジュアル。
やばい。うまくないわけない。笑

え!?運転なのに??

そうなんです。
運転手だった僕は本当は呑むつもりなかったんですが、HR君が「呑んでいい??」って言ってサラッと一杯。

そしてこの表情。


ナメくさってます。笑

結局、この誘惑に抗える訳もなく、僕もビールを一杯。笑
至極の時間を堪能した訳であります!

その代償として、アコールがしっかり抜けるまで下田の街を散策しました。笑

しかし思いがけず、これが良かった!!

ペリーロードは風情しかない。


天下とります!!笑


この側にある橋で釣りをしている少年たちに遭遇。

おじさん2人も参加。笑
初め、少し警戒気味だった少年たちも、やがておじさん達に馴染んで来ました。

餌のイソメの取り外しが上手いHR君は“イソメおじさん”笑


引っ掛け釣りを指南した私は“引っ掛けおじさん”として、時間を忘れてすっかり楽しんでいました。笑


そうしている間に何時間も経ち、しかも途中寄ったリサイクルショップでHR君がIKEAのソファーを即決。


ギリギリ積んで、Pちゃんで帰路につきました。


帰り道は、昨日の宴からの寝不足もあり、2人とも疲れきってきたようで、車内では終始無言。笑

ただこの男は間違いなく伊豆で出会って1番遊んだ友達です。

2歳下の彼は、酒と料理の、ワンランク上の楽しさを教えてくれた友達でもあります。

僕はすごい遠くに引っ越す訳ではありませんが、今までの様に気軽に会って遊んだりするのがなかなかできなくなると思うと、やはり寂しさがありました。

HR君の白いプリウスを見送って思いました。



終始無言の車内でも、僕はそんな事を思っていました。

まぁ、HR君は夜勤明けで疲れきってただけだろうけどね。笑

とは言え、彼も地元は伊豆ではなく千葉の出身です。
いつか仕事の都合で千葉に帰る日が来るかもしれません。

その時まで、伊豆でなるべく多くの時間を共有したいと思っています。



2017年10月11日水曜日

イタリアン祭りで最後の宴

引っ越しまで残り一週間近くとなりました。

いつも夜仕事終わりに来てくれるエステの女の子達と、HR君をシェフに招いてイタリアン祭りです。

いつも24時近くのスタートするもんで、仕事終わりの腹ペコ女子達は気持ちいくらいペロりと食べてくれます。

料理の写真撮りたかったけど、そんな暇も無く台所からではHR君と僕とでさながらレストランのごとく作りました。笑



カンパチのカルパッチョ
鶏肉のロースト
エビとブロッコリーのアヒージョ
パスタ2種

などなど、いっぱい作ったのですが、まともな写真は無し!笑




女子会の様子を隠し撮り。笑
しかし女の子はよく話しますね〜

うちの奥さんも馴染んでくれて、良かったです。

全ての料理を作り終え、自分のワインを注ぐHR君。



最後はちゃんと隠し撮りではなく、ちゃんと記念撮影。

伊豆に引っ越して来たに時は、まさか家にこんな人が来てくれるとは思わなかったです。



ですが、気がつけばホームパーティーが大好きになっておりました。

思えばちょうど2年前、このメンバーでの最初の宴が一番激しかったと記憶しております。笑
こんなに騒いで平気だったのも、今の家だったからでしょう。

でも、良い人たちに巡り合えたこの家にも感謝です。



ただ時が経ち、その時いたメンバーも一人、二人と引っ越して、ついには自分が引っ越しです。

僕は心に刻んでいる言葉があります。
それは「良いことも悪いことも、ずっとは続かない」という言葉です。
このみんなとの出会いは僕の人生にとって本当に良い事でした。が、そうやって時が経つと、いつの間にか自然とこうなってしまうものなのかもしれません。でも思い出は変わらずにずっと輝いています。そしてまたいつかみんなで集まりたいと願っております。

2年後なんて、どうなってるんだろうな~



そうそう、伊豆に来る時に引っ越して手伝ってくれたOT氏から、このタイミングで懐かしい写真が…!!

東京を出る時。


トラック山積み!
よく麻布十番〜伊東までこれで来たもんです。笑

そして伊豆に着いた時!笑


この時は本当に助かりました!!

7年後は、どこで何してるんでしょうかね〜

2017年10月6日金曜日

レガーロテッラ @伊東市富戸

昨年、結婚を決意して泊まった思い出のオーベルジュフェリス

そちらのオーナーさんに自分達が伊東から来た事を話すると、

「まだオープンしたばかりだけど、そのうち予約がとれなくなると思いますよ」

と教えてくれたお店がありました。

なるほど確かに、その後何度か予約を試みましたがいつもいっぱいで、諦めていましたがようやくこのタイミングでランチの予約が取れました!

それがこちらのレガーロ テッラ


海の見える小高い丘にぽつんと佇む、一軒家のイタリアンレストランです。


なんとも良い雰囲気です。
テラスに出ると、海と家庭菜園。


良いですね〜
“伊豆の良さ”をそのまま体現したようなお店です。食べる前から否応なしに期待が高まります。

ちょうど真ん中あたりの、3300円のランチコースをオーダーしました。

まずは前菜盛り合わせ


左奥から時計回りに、

アマゴ
トリッパ煮込み
きのこのマリネ
イワシのマリネ
カポナータと鹿肉
生ハムとフレッシュマッシュルーム
真ん中に、生ハムのムース

どれも美味しい。一瞬で無くなってしまった。笑

しかも昼からビールで天国のようです。


パンをつまみつつ、パスタの登場!

トマトとモッツァレラのパスタ


奥さんはジュノベーゼでしたが、ひと口交換したら、こっちがえらく気に入ったようで、そのままチェンジとなりました。笑
両方ともとても美味しかったです。

メインの登場!!
山形豚のソテー


しっかりとした豚の旨みに、十何年か物のバルサミコ酢ソースが絡みます。
付け合わせの野菜も香ばしくソテーされて、お肉と共にしっかり美味しい。

最後にはデザートとコーヒー。



大満足です。

伊東から引っ越す前に行けて良かった〜

あまり宣伝もされてないような感じですが、この日もしっかりお客さんが入って来て、気がつけば空席は一つのみ。

2900円の洋服をただ「安い」と思って売っているアパレル店員の僕と、かたや3300円のコースでこれだけの満足感を提供してくれるオーナーシェフの料理人…かっこいいですよねぇ。

なんか男として考えさせられてしまいました。。

行くときは予約しておいた方が確実です!!伊豆に遊び来て、さらっとこんなお店に案内できたら素敵だと思います。