2017年12月17日日曜日

「みらいのかぜ」

友人のギターでおなじみIWSK氏と、以前住んでいた一軒家の台所でギターでセッションしながら作った曲です。

IWSK氏の弾くコード進行にギターソロのつもりで弾いてたら、そのままなんとなく歌になりました。そんなでき方をしたもんだから、曲の世界は後付けで、当時の状況とか気持ちを割とそのまま歌詞にしたもんだから、聞く度にとってもこそばゆい。

でも、もしこの曲が同じような状況の誰かの気持ちに寄り添う事が出来たら、そんなに嬉しい事は無い。エレカシならもっともっと力強く歌えるだろうな。

そんな曲です。



こんな時はいつも僕は寝転んでいる 窓開けた空は 今日も晴れてるから
そんな時はいつも僕は逃げ出している 覗いた世界は 今日も変わらないから

言葉にできる事が少なすぎて 笑顔でごまかしているから

今からこの船は動くのかな?
分からない
でも今 感じる 未来の風を信じているから

こんな時はいつも僕は 出かけてみるよ 見つけた景色は 今日も雨降る町

忘れられない日々や思い出とか足枷になるから

飛び込む勇気と諦めの狭間に立ち
立ち尽くす 毎日 毎晩 奇跡の逆転劇を信じているのなら変われるのか?
分からない
さよなら さよなら 見慣れた町の景色に 手を振り この船を進めようか!
いつもそう 遠くで呼んでる 未来の風を信じているから


Music : masaonion & Kentaro Iwasaki
Lyrics,Vocal and All instruments : masaonion

2017年12月16日土曜日

「虫送り」

村の住民達が列を成して、松明を持って畦道を練り歩く写真を見ました。それは小豆島の「虫送り」というお祭りだったのですが、そこに色々なストーリーを感じました。

もしかして学生さんだったら、もしかしたらその列の中に気になる異性がいたりして…夕方からのお祭りだからもうすでにお風呂に入っていて、その洗い髪の匂いと学校とは違う色気で、妙に胸が高鳴ったりして。
大人の人はすでにもう一杯やっていて…蝉の音と田んぼの匂いで妙に感傷的な気分になってしまったりして。元ちとせさんが歌ったら痺れるだろうな。

そんな曲です。



風に惑うのは誰のせいか 夢に惑うのも

雨を誘うのは草の声か 虫を誘うのも
森が霞むのは時のせいか 人が霞むのも

畦に続く道 いつか降りた道

風に惑うのは誰のせいか
夢に惑うのも
夜が明けるのはいつの事か月夜に手を振って

今日は虫送り 祭の時 灯を手に持って

君の髪の毛が肩に触れた時

風に惑うのは誰のせいか
夢に惑うのも
夜が明けるのはいつの事か月夜に手を振って

揺れる 揺れる 炎は今も町の中で 赤く 赤く 炎はね 田舎を燃やすよ

風に惑うのは誰のせいか
夢に惑うのも


Music,Lyrics,Vocal and All instruments : masaonion

2017年12月15日金曜日

「花鳥風月」

“アコーステックな感じで、4つ打ちの曲ってどうだろ?”そんなテーマで作った曲です。

曲の世界は後付けなのですが、友人のOT氏と一緒に東伊豆の山奥にある秘境的な「シラヌタの池」を目指して探検した情景が思い浮かび、それを歌詞にしました。

アコギのバッキングは思いついたフレーズが自分のテクニックを超えてしまい、小節ごとに録って繋げました。ドラムはバスドラムとシンバル類のみが打ち込みで、あくまでアコーステック感を意識しました。アコースティックサカナクション。

そんな曲です。


スターチス ハクセキレイ 追風 居待月

いつもそう いつかそう 描いた日々の遠さを感じて
いつもそう いつかそう 輝く日々を信じて眠るよ

花がそこで咲いたように 鳥がそこで鳴いたように
僕が僕になったように 夢見ていた
風がそこを去ったように 月がそこに在ったように
君が君になった夜に

いつもそう いつかそう 感じた景色の欠片探すよ

深い森の中 手招く霞の中 甘い時に酔わされ出口を無くし彷徨う

花がそこで咲いたように 鳥がそこで鳴いたように
僕が僕になったように 夢見ていた
風がそこを去ったように 月がそこに在ったように
君が君になった夜に

花は月に寄ったけれど 鳥は風に乗ったけれど
僕は君に会ったけれど 離れていく
風に揺れる花のように 月をまたぐ鳥のように
今が過去になるように

スターチス ハクセキレイ 追風 居待月


Music,Lyrics,Vocal and All instruments : masaonion

masaonion ロゴリニューアル

いきなりですが、masaonionの新しいロゴを発表させて頂きます!

近鉄バッファローズじゃないよ。笑
前回のよりいい感じになったと思います!
あくまで玉ねぎの輪切りがモチーフで。笑

…いやいや、ロゴなんていいから、早く曲をアップしなさいよ、自分。

新居に越してから、録音が進んでおりません。
また、評価を恐れて自信作以外はアップしないつもりでしたが、そんな事言ってるといっこうに発信できないので、とりあえず今まで録った曲全てアップする事にしました。

てか、よく考えたらこの世に曲なんて星の数ほどあって、いくら聞いてもらいたくても埋もれてしまうようなネット上で、何をもったいぶってるのでしょうか。笑

と言う事でSoundCloudにて随時更新予定!

2017年11月28日火曜日

再会チル

海外赴任した当ブログ常連のHRKW氏が、一時帰国しました!

彼は海外、私は引っ越しと、お互い変化があってからの再会です。
初日は集合が遅かったのでさくっと呑んで就寝。


翌朝の伊豆観光は、僕が引っ越した修善寺からスタート!

一番インスタ映えするのがこちらの竹の小径。



そして、修善寺と言えば蕎麦です。
ランチはおそらくネット検索で一番上位にくる有名店!!

…の目の前にある屋台蕎麦。笑



こちらもある意味有名です。
メニューは無し!座ると勝手に出でくるワンコインそばコース。

ネタばれするとつまらないので、ぜひ行ってみてください。

と、修善寺散策はあっけなく終了。
そう、HRKW氏はもはや伊豆においてメジャーな観光地だと、物足りないのです。
ちなみに逆にいい感じだと僕らは「チルい」と言います。

そこで僕のお目当の場所にドライブがてら行って来ました。

Pちゃんをオープンにして、峠を越えて下田に向かい、着いたのがこちら!!



海辺の古倉庫!チルい!!



海辺というより、目の前がもう海です!



建物自体はかなり傷んでいますが、このロケーションはなかなかありません。妄想リノベーションで興奮して来ます。

お値段は土地の価格で680万円。

※どうやら私が興奮していた倉庫は売り物ではなく、対象の土地は少し離れた場所の土地でした。またも妄想だけで終わりました。泣


周囲を散策中に、離れ小島に潜む鳥居を発見。険しい道を登ってみます。


これがなかなかチルい!
頂上からはこの景色!落ちたら死ぬ!


こうゆうマイナーなスポットはまだまだ未開拓です。HRKW氏も、修善寺の3倍くらい楽しそうでした。笑

ひと動きしたので、湯処へ向かいます。
伊豆でのチルに温泉はマストでしょう。

今回の湯処はこちら。



下田の山奥にある観音温泉です。

久しぶりに来ましたが、ここもなかなかのんびりできます。

まだ明るい夕方前なんで、貸し切り状態。





風呂入って、一服して、ひたすらのチル。

この後は修善寺に帰って、夕方から美味しい焼き肉屋でビールかっくらう予定だったのですが…お店が休み。泣

他の候補の店も貸し切りで休みなど、残念な結果に。

とまぁ、実際のところHRKW氏は一時帰国でいろいろと予定もあるそうなので…

電車を待つ間に、修善寺駅の中の売店で簡単に乾杯。


今回は早めの解散となりました!

でも、車に乗ってる時間がけっこうあって、その間に色々と話せてお互いの近況報告にはちょうどよかったかもしれません。

HRKW氏と話するときはいつもお互い仕事に対して悶々としていて、最後はいつも「やっぱ自分でなんかやりたいよな〜とりあえずがんばんべ!」ってなるんだけど、今回は違いました。

HRKW氏は海外赴任で何かが変わったようです。

施工現場の総指揮をとる立場になり、全て自分の判断で事を進めているそうで、“雇われている感覚ではない”という事。さらに海外での生活も肌に合うそうで、とても充実してしていました!

なんだかんだ言いながらも、大学卒業後ずっと変わらず勤めて継続した努力が、海外赴任のチャンスを呼び、そこで自分の場所を見つけ出したのだと思います。


それに引き換え私は、今も置かれた立場を完璧に受け入れ切れずに、悶々としています。未だ見ぬ絵空事のような未来を想像する事が救いです。

ですが、まずは今与えられた環境で全力を出し切る事が自分に足りない事なのでは?と改めて思いました。

そういった事を思わせてくれた彼に感謝しています。

そして僕はきっと彼と会った時に互いに悶々としている事を確認する事で、どこかで安心したかったのだと思います。
しかし、彼はもうそんな悶々を共有するような仲ではなく、一歩二歩と次のステージに進んでいきました!
僕も必ずや追いかけていきます。



そして、何よりこの男。
元々稼ぎがいい上に、仮想通貨も好調で、その貯金額がハンパじゃない…
何度も言いますが、ハンパじゃない!!笑

2017年11月16日木曜日

飲兵衛はつらいよ

11/8
会社の打ち上げで呑み会。
「赤から」の飲み放題プランだったので、ひたすらビール飲み続けました。
そのまま社長の家で二次会があり、翌日がっつり二日酔いになるまで呑みました。。

11/9
この日から連休で、夕方から会社の仲良いメンバーで呑み会。
と言いつつも実はカミサンから「お店でたくさん呑むと割り勘で他の人まで高くつくから、先に家で呑んでなさい」という指示があり、朝から呑んでました。笑

伊豆長岡の老舗焼き鳥居酒屋「鳥栄」にて、最後は僕1人で先にに寝落ちするほど泥酔。ここのラーメンが飲兵衛の〆に堪らないと評判なのです。


11/10
連休二日目は、一年前に伊豆を旅たちワーホリしていたKT氏と再会の呑み会!!


彼は伊豆でできた初めての友達で、このブログでも度々登場しています。

ちなみに一年前。笑


一年分の思い出話を聞いて、こちらも話して、笑い転げてあっという間に夜は更けていきました。


ワーホリを終えた彼は、地元の山梨で来年の春にゲストハウスの開業を計画中です。 そうゆうの聞くと、僕もやっぱり自営業への憧れが断ち切れません。いいなぁ。

彼とはお互い夫婦共々の仲なので、これからも長い付き合いになりそうです!



………とここで終わらないのがミソです。

引っ越しでの環境の変化、職場人事でのストレス、連日の呑み会による肝臓への負担と、禁煙失敗からのリバウンドでタバコの吸い過ぎ

色んな事が重なったのでしょう。

昨晩、人生初となる39度超えの発熱です。全身の痛みと倦怠感でうなされまくってました…




今日は仕事を休み、一日安静にしていましたので、だいぶ回復しました。
やる事がないので病床でこのブログを書いてます。笑

身体は正直です。

“健全な精神は健全な肉体に宿る”という言葉は誤訳らしいのですが、思えば最近愚痴とか文句ばっか口にして気がします。あとあまりにも不摂生。

呑み過ぎは注意して、健康第一で頑張りましょう!

2017年11月2日木曜日

タイヤラックでサーバー台

引っ越しが終わって、ようやく予定の無い休日です。部屋の片付けでやりたい事が山積みです。

まずは一階部分から。



ビールサーバーと、ウォーターサーバーが、かなり幅をきかせています…笑

本格的なサーバー台はまた今度作るとして、とにかく仮でもいいから収める場所はできないものか…

ホームセンターを散策していて閃きました!よくある普通のタイヤラック。


ひっくり返してキャスターつけて…


乗せる板を採寸して…


安いやつでいいんです!仮なんで。


カットしてもらい、乗せて完成!
ただ、これをDIYと呼んでいいものなのか。笑


なんと言ってもこのサーバー台、本来はタイヤラックですから、本格的なサーバー台を作って不要になったらタイヤラックにしてしまえばいいのです!

車社会の伊豆ではスタッドレスタイヤは必需品。屋外の地面に直置きしていたので、ちょうどよかったです。

ともかく、これでスペースが出来ました!

それに伴い、スペースを整理してDTMコーナーも復活しました!


ドラムが置けないのが寂しい限り…

でもこのスペースの真後ろにサーバー台があります。
オーディオインターフェイスをプリアンプ代わりにして音楽聴きながら、または普通に宅録しながら、振り返ってすぐに樽生ビール!

これはこれで最高です。笑


2017年10月27日金曜日

良識のある大人とは?

いきなり何?? って感じでしょう。

引っ越し早々、私は新居でそれに直面したのです。





引っ越しを終えてすぐ、入居している隣人の皆さんが僕らの歓迎会を開いてくれたのです。それはとても楽しく、お酒も進み色んな方と歓談をして終わりました。

ここの住民は基本的に仕事とオフィスをセットで入居しているので、皆さん個人事業主など、しっかりした大人の方々ばかりです。

私はこの日も例によって呑み過ぎてしまい、グデングデンで就寝しました。


…翌日。


※ここの住民はフェイスブックのグループへ参加しており、諸々の連絡はここで行われます。


こんな投稿が。


この会の参加者は10名以上いましたが、その中で喫煙していたのは私を含めてたったの2名。記憶を辿ると、その場所にタバコを置いたのは私だと思います。猛省します。


ただ、これから何か不祥事がある度に、こうやってフェイスブックグループに晒されるのか…

少なからず会社を代表して入居している立場でもあります。

このままでは夜にギターも弾けるか微妙、ましてやドラムなんてもってのほかです。
もちろん酔っ払って歌って踊って騒いでいいわけがありません。

良識ある大人であれば分かる事です。
至極真っ当な事なんです。

そんな当たり前の事に、引っ越してから気が付いたのです。
と同時に、前の住環境がいかに自由だったか…痛感しました。

スーパー、ホームセンター、コインランドリー、100均、コンビニが徒歩圏内。築年数もまだ数年で、設備はピカピカ。そう言った意味に於いての住環境は、申し分ないはずなんです。


でも、自宅で心を解放する楽しみは無くなりました。

やはり楽園は、自分で築き上げるものなのでしょう。




2017年10月25日水曜日

引っ越し 後半戦

2017年10月24〜25日、当初予定していた2日間で終わるはずもなく、本当であればくつろいでいるはずの連休も引っ越しになりました。

この日は両親が実家のトラックとも共に参戦です。そう、東京から伊豆に来た時のアイツです。



まずは両親と奥さんで隣の大家のおばあちゃんに、今までのお礼と最後の挨拶を。

が、おしゃべりなおばあちゃんは話が止まらずなかなか作業に移れない。笑

いざ!生活必要な物から先に運び出しておいたので、残るはこの楽器達!!



さらに埃まみれな部屋の片付けなどを行い、今日は往復を避けられそうです。

途中、休憩しつつ記念撮影。



両親はいつも21時には就寝なので、引っ越し作業を早めに切り上げ、夕ご飯!

修善寺の新居を紹介してから、着替えて準備していたその時…

…衝撃のサプライズが。笑
それはこのブログの最後にお見せします。


この日は魚がし鮨に行きました。
呑めるのはだけでしたが、御構いなし。笑



この日もたくさん呑みました。そしてグデングデンで就寝。


そして翌日、この日はわたし1人での作業です。


まずは住民票の転入届から。
晴れて伊豆市民となりました。めっちゃ雨降ってるけど。笑


そして郵便局の転送届やら、銀行口座の住所変更やらを済ませ、最後に伊東の自宅へ。

本日のメインイベント、廃棄!!

引っ越しで不要になった物全て業者さんに持って行ってもらいます。

冷蔵庫が2台あって、リサイクル料などもあり、軽トラック1台満載にして2万円のお支払い。


さようなら〜


なんかいよいよ最後って感じです。

照明器具等も元に戻して、がらんとした部屋で、隣のおばあちゃんと不動産屋さんで部屋の確認と、家の鍵渡し。

最終、楽曲と洋服だった部屋。

当初はここでリビングで、みんなでよく宅呑みとか部屋です。

最終、居間と寝室だった部屋。

当初はここが楽器の部屋でした。
明け方に和室がクラブ化したのもここです。笑

あぁ懐かしい。
懐かしくて涙でそうです。

それもそのはず、このあと新居で早々に心がくじける出来事が発生するとは、この時しるよしもありません。

この家が僕にとってはどれだけ天国だったのか。

築年数が古くて、なんかいつもおばあちゃん家に帰って来た時みたいな臭いがしてたけど。笑

ここがどれだけ自由な空間だった事か。

新居にてそれを思い知る事になります。
全ては隣に住むこの大家さんのおばあちゃんが寛大だったから。




「写真撮りましょう」って言ったら恥ずかしがって離れました。笑


「古い家に長い事住んでくれてありがとね」
「今まで住んだ人の中で、あんたが今1番いい人だったよ」

と言ってくれました。

夜中に友達とドンチャン騒ぎしても、ギター、ベース、ドラム何を弾いても一度も文句なし。

酔っ払って爆音で音楽流して歌っても、踊っても、何処でタバコ吸っても、問題なし。
時に家に出入りする女の子が変わっても、おばあちゃんは暗黙の了解で黙ってくれていました。笑


退去の日も、当初は20日で引っ越し終わる予定が伸びてしまい、「25日まで伸びた分の日割り家賃払います」と言ったらのに、「お金はいいからゆっくりやりな」と言ってくれました。

最後の部屋確認の時も、僕がDIYでいじった台所を見て「キレイにしてくれたね〜!」と言ってくれました。

普通、賃貸物件なら現状復帰が原則なのに。


これ以上書くと本当に泣けてきそうなんで、ここらへんにしておきます。

ここで過ごした日々は忘れません。










…衝撃のサプライズとは??

それは、両親がおもむろに取り出した封筒。「結婚祝いだよ」と。。







初めて見ました。笑








帯付きの現金100万円。


親はいつまでも親。
僕は親を越える事なんてできません。

今回は奥さんと一緒に受け取りましたので、前回のように使い込む事は不可能です。笑


本当にありがたい話です。


100万円の束を手にした私は、ヒャクマンに変身しました。


これにて、引っ越し終了です。笑

2017年10月20日金曜日

引っ越し 前半戦

2017年10月19〜20日で引っ越しを、セルフで完了するスケジュールです。


初日。


ですが、圧倒的な準備不足に加え、当日はまさかの雨。

とりあえず夫婦の車2台で、持てるだけの荷物を持って新居に向かいました。

その前に、何は無くともとりあえず昼ご飯。笑

中華武ぞう さんにて。



雨のなか、新居に到着!
電気、ガス、水道は段取りしてありました。到着直後、ガス開通です。

一階。


二階。

階段。


当然ですが、ガランとしています。
ここに荷物を運び入れます!

ここから、社用車のワゴンに乗り換えて、伊東市吉田〜伊豆市修善寺、約25㎞の往復が始まります。

初日の夜ご飯、英気を養うために、カツ!!笑

伊東の山かつ亭 さんにて。


夜中に最低限生活するのに必要な荷物を運び出し、新居へ。



…何は無くとも、ビールサーバー!!笑



片付けする妻の横で呑む私。
視線が痛い。笑

初日から呑んだくれ、新居での初夜を過ごしました。


二日目も朝から伊東市〜伊豆市の往復です。

夕方にようやくありついたルービータイム。



伊東の中華 喜楽 さんにて。


結局、かれこれ3往復しました。
さすがにバタバタで、写真すらありません。笑


そんなこんなで、引っ越し2Daysを終えました。写真だけ見ると食ってばっかですが、久しぶりにかなりの重労働でした。。



今は新居の修善寺でこのブログを書いています。


まだ続きます…

2017年10月19日木曜日

引っ越し 前夜〜当日朝

遂に引っ越しの日を迎えました。

前日の夜、本来であれば荷造りをして、運び出せる状態にしてあるはずが…

リビング。


台所。


楽器&洋服部屋。


この有り様です。笑
終いには、もう諦めてふざける始末。



そして当日の朝。
まさかの………




…雨。笑


今にも試合終了のホイッスルが鳴りそうです。

この雨の中、玄関の階段を登り下りするという苦行。


これ以上ないバットコンディションでの試合開始となりました。

続く…