2020年7月31日金曜日

ホームインスペクターとは…?

今年入ってから感銘を受けて「100年マンション」「不動産格差」などの著書を読んでいる私ですが、それが不動産コンサルタントの長嶋修さん。気になった方はぜひ一度公式YouTubeチャンネルをどうぞ。

色んな話題を話しつつ、一貫している部分があり、かつ飽きさせずノーカットなのに聞き手を飽きさせずにスラスラと話し通してしまうすごさ。そして渋くて声が良い。笑

たしか初めに見たYouTubeがこのあたりでした。

ただ最近は気が付けば最近はこんな話に及んでおり不動産コンサルはあくまでメインのお仕事であって、この方の多岐に渡る造詣の深さは、ほんとすごい…



私自身30代も後半に差し掛かかったところ。気が付けば三年ほど前に自分の仕事に疑問を持ちながらも、惰性でここまで来てしまいました。そんな最中でこの新型コロナウィルス大騒動。

今の自分は在宅ワークなども出来ず、働く場所も選べない。ノースキルでここままで来てしまった怖さ、自分自身への情けなさ、将来への不安が渾然一体となって、日々自問自答です。

そんな日々で「何か未来の為に出来る事はないか?」と模索していたところに出会った長嶋修さんのTwitterでのひと言。


という事で、前置きが長くなりましたが、本題に入りまして、この民間資格を取得しようと決意しました!




本場アメリカでは職業として定着しておりますが、日本ではまだあまり馴染みがありません。簡単に言ってしまえば住宅の健康診断をするお仕事です。

なぜか昔から新築物件ではなく中古物件のリフォームに興味がある自分にはきっと役立つと思い受験を決めました。









………と聞いて、おいテメー「宅建の件」はどうした!?

と思った方いましたら、それに関しては耳が痛いです。笑



でもまだ諦めておりません。両方取りますよ。

37歳までに取ります!!(たぶん)

2020年7月22日水曜日

iMac2008 急逝

化石PCなどど揶揄していたわたしのiMacですが、電源を入れようとしたら今まで聞いた事もない音をピーピーと発しました。笑
ネットで色々調べて対処しましたが、うんともすんとも言わず、完全にお逝きになりました。まぁ、2008年製のものを中古で買って7年間使い倒したので寿命っちゃ寿命でしょうか。

後日PCデポに持ち込むも、回復せず。。

ご冥福を祈り黒ラベルで献杯です。

とは言え、音楽制作のメインマシンだっため、これを失うとなると録音活動が出来ない…デモ100曲制作とか言って全然進んでないんですが、実はカバー曲などをYouTubeにアップしておりました。

…しかしご存知ギターのへーちんさんからは「マサオの良さが全く無い」とズバリの一言。笑

「カバー曲録るのってオリジナル曲と比べてある意味正解があるから、さくさく進んで楽しいな〜」なんて思ってたのですが、こういった意見が大事です。


YouTube向けのカバーなんてやめて、とっととオリジナル100曲進めよう!と思った矢先のMac急逝。

選択肢は3つ

①これを機に新しいPCと新しいProToolsで録音環境を整える。【10万円以上はかかる出費だが、環境は少し進歩する】

②同じスペックの化石iMacで今までの録音環境を再現する。【5万円ほど可能だが、環境が進歩無し】

③いったん全部売る【果たしていくらになるのか…そして再度構築出来るはいつになるのか…】


考えどころdeath。