https://www.instagram.com/masaonion/

2022年10月5日水曜日

地獄の四時間

何か自分で独立できそうな仕事はないだろうか??

フードデリバリー以外の時間で出来そうな仕事はないか??

そんな自問自答の末、家で悶々と考えていても仕方ないし、とりあえずお酒が好きだし、夜のバーでアルバイトでもしてみるか!という気持ちになり、求人で「カラオケバーのスタッフ募集」というのを見つけて受けてみたんです。

ところがどうやら女性スタッフがすでに一名決まっていてそっちの人手は足りてるらしく、流れで気がつけば僕は姉妹店のキャバクラのボーイの面接を受けていた。(と言うか面接の場所がキャバクラだったので、最初からそっちの人員を募集していたような…釣りっちゃ釣りっぽいが…)

店名・地名などは全て伏せさせてもらいますが、店内はこんな感じ。いわゆる地方都市の雑居ビルにあるふつうのキャバクラです。



20時半からの簡単な面接後、「とりあえず体験で働いてみます??」という流れで即日勤務がスタートした。時給は千円。(今思えばここでスッパリ断っておけばよかったのだが、訳も分からず始まってしまった。)

オープンは21時からで、勤務を控えたキャバ嬢達が続々と入ってくる。キャバ嬢にとって見習いボーイや新人など存在していないも同然で、挨拶どころか目も合わない。みんなソファーに座るや否やメイクを整えたり、ダルそうにスマホをいじっている。

そうこうしていると、団体のお客さんが入ってきた。40〜60くらいのおっさん達だ。ゴルフか何かで滞在中らしい。その後には職人らしき二人組。

とりあえず店長らしき黒服の指示の元、氷を補充したり、空いたグラスを変えたり、灰皿を下げたり…特に何か嫌な事をされた訳ではないのですが、まぁこの時間が地獄のようだった。何しろ見習いボーイなど、お店の中で底辺中の底辺。お客さんからは酔って女の子とベタベタしてるところを見せつけられ、キャバ嬢からは使いパシリにされ、最近自己肯定感が爆下がりだったところに追い討ちをかけるような時間でした。。

24時で上がり、「次のシフトはいつ入れる??」みたいな話になったところで率直に「ちょっと考えさせてください」と言って帰宅。その後電話で辞退の旨を伝えました。笑

軽い気持ちでとりあえず何か初めてみようと思った矢先、高校生の時にバイト行くのが死ぬほど嫌だった感じを思い出してしまいました。。

もうすぐ40歳になろうとしているのに、完全に迷走しています…もうほんと細々とフードデリバリーしか出来ないのかもしれないと思ってしまっています。。


2022年9月8日木曜日

本屋さんのレジカウンター作り

前回小田原で会ったKNMC氏の、実におもしろそうな事と言うが、小田原に南十字Booksという本屋さんを開業するとの事だったんです!

そこで僕が昔からDIYを好きなのを覚えてくれていて、レジカウンター作りを依頼され、行って参りました!
詳細は長くなりますのでその様子はぜひYouTubeで! 

まず前編はこちら


この日はまずホームセンター行って材料の買い出しからだったのですが、着いたのが昼過ぎで作業開始の頃にはもう夕方。笑

でも予定通りカウンターの骨組みまで完成しました。いちおう自分で作図した簡単な設計図通りに進み、初日は順調です。

一番の収穫はこの日のために購入したマキタの丸ノコ(HS474DZ)が大活躍。
YouTubeのDIYシリーズ の為に作った思い切って購入した、18Vのインパクトドライバーと同じシリーズです。そっちはフルセットで買ったので、バッテリーが共通なのが良いですね!なので、丸ノコは単品で買いました。
(…って書いてて思い出したんですが、インパクト買った時はリフォーム職人目指してたんですよね…。なので「これは投資だ!」とか言って5万円近くもする本格的なの買ったんです。本当にな〜んにも有言実行出来てないなぁと情けなくなります…)

作業終了後、KNMC氏(※打つのめんどくさいからもうケンモ。笑)と、ケンモと一緒に本屋をやるナリ君と三人で、沖縄料理居酒屋に飲みに行きました。



ナリ君とは同じ高校の同級生なのですが、会うのは何年ぶりって感じです。でも良い意味であまり変わってなくて、久々感無かったな〜。驚くくらいお酒大好きになってておもしろかった。笑 また一緒に酒飲みたい!
珍しくオリオンビールの生が飲めるお店で、すっかり飲んでしまったのですが、ここはケンモにすっかりご馳走になりました。(※サラッと書きますが、ケンモはWeb関係の仕事をフリーランスでやっており、確実に僕の二倍以上は稼いでおりました。幼なじみなのにいつの間かすごい差がついたもんです…)

この日はそんなケンモのマンションに泊めてもらい、翌日も作業開始です。

そんな後編はこちら


この日はいよいよ棚を作っていったんですが、これが大苦戦…。ダボのみで接合する工法が僕の精度では上手くいかず、、なんとか仕上がったと思ったら背板の見える面からいきなりビス突き出てしまったり。。

夕方の時点で心が挫けかけてしまい、リセットする為に「一回帰ろうかな…」などと言い出す始末です。

しかしここはオープンを間近に控えて準備中の店内。ただでさえ色んな物が置いてあり、他にも色んな作業スペースを確保するのが大変な状況で、ケンモからも「さすがにこの作りかけの状態の大きな物を残されてはちょっと困る」と冷静に諭され、笑
とにかく出来るようにやるしかないと作業再開。

しかしもうすっかり夜になってしまい、二日日間で終わらす予定が急遽三日目に突入しました。

夜は途中から様子を見に来ていたHRKW氏も合流して、ナリ君の案内で小田原は宮小路のディープなスポットへ。渋いバーに男四人で軽く一杯飲んで解散。



僕はそのまま万葉の湯で宿泊しました。連日の作業でかなり汗だくだったので、温泉に浸かってさっぱりしました。風呂上がりに唐揚げとハイボールで闘魂注入です。



…そして翌日。三日目は昨日からの続きで試行錯誤しながらも、なんやかんやでだんだんと仕上がってきて、遂に完成しました…!!

前から見ると本棚で…


後ろは作業台にもなるレジカウンターです!


今までDIYで色々作ってきましたが、間違いなく木工造作で一番がんばったと言える物が出来ました。

自分では絶対に作ろうと思わなかった物ですし、しかも今回はボランティアではなく、ちゃんと日当まで支払ってもらったので、なんとしても完成させなくてはならないと言う思いからなんとか完成出来たんだと思います。

そう言った意味でもケンモには感謝しています。他にもこの三日間でたくさんの刺激をもらいました。
全部書くと長いので割愛しますが、自分のやりたい事を実現している人や、その人間関係の豊かさに単純に「いいなぁ」と思い、帰り道には「それに比べて自分は何やってんだろ…」と、例によってダメダメな気持ちにもなりました。笑

でもとりあえずやりたい事があるのなら「まずは場所(店)を持ってみる」って言うのが大きなヒントかなぁという結論です!

この経験や思いは絶対に今後に活かしていきたいと思います。


と言う事で、南十字Booksさんの今後については公式のTwitterなどからぜひどうぞ!

2022年8月31日水曜日

小田原の旬なスポット散策

時系列は前後しますが、前回のブログがあまりにも酷い内容だったので、、お口直し的な投稿を。笑

いつも海外赴任から一時帰国するタイミングで遊んでいたHRKW氏ですが、今回はなんと本格的な帰国という事で、本当に色々なあった事とは思うのですが、大きな事故もトラブルも無く、無事に海外赴任生活を終えたと言う事で何よりです!

一日目はうちのマンションに来てもらって、飲みながら話尽くして、嫁オニオンも温泉行ってまったり過ごしました。(敢えて写真無し)

そして二日目!

小田原に帰宅するHRKW氏と共に僕も小田原まで行って散策する事にしました!最寄り駅の伊豆箱根鉄道駿豆線と言うローカル路線で出発です。



小田原に到着!!

そう言えば二年前もそんな様な事があったんですが、その時は高校生の頃よく行って栄えていたエポとかアプリとかの商業ビルの凄まじい荒廃っぷりを味わう散策でした。笑



今回は真逆です!

小田原は今駅前の再開発が進み、大きな複合商業施設「ミナカ小田原」が完成して観光客が増加しているとニュースで見ました。

確かに…駅からゾロゾロとたくさんの観光客が出て来ます。城下町を模して建物が非常にクオリティが高く、若者カップルは着物と浴衣でデートしています。



昼時と言う事もあり、ミナカのテナント飲食店はどこも混み合っていてとても入れません。そもそも値段が観光地価格過ぎて入る気にしないんですが。笑

…と、そのまま駅を少し離れた所にとあるお店を発見。店名に見覚えがあり、「確か昔からあったお店で、移転したんだな!」と勝手に決めて入ってみました。

一膳飯屋 八起


これが大正解の名店でした!

店内はお客さんでいっぱい。ちょうどおれらの後くらいから満席になって順番待ちになってました。

さっきの観光客ホイホイ強気の値段設定のお店から少し離れただけで、このお値段。
どう考えてもこちらは良心的です。



夜に飲んだら絶対いい感じなんだろうな〜と思わせる店内。。





…ま、昼から飲むんですけどね。笑



二人揃ってアジフライ定食をいただきました。
小田原の新鮮なアジだそうです。美味くない訳がない。



最高でした。

ちなみにワタクシ揚げ物は全部お醤油派。

至福の余韻に浸りながら再び小田原の街へ。
ここから駅前を離れて小田原城の方へ向かいます。



僕はいつ出来たのかも知らなかった立派な施設がお堀の目の前に出来ていました。小田原市の肝入りで建てたみたいです。

小田原三の丸ホール


HRKW氏が勤めるスーパーゼネコン施工です。新築ピカピカで、さすがのひと言。

この日は歩いているだけで疲弊するような真夏日よりだったんですが、中は温度湿度完璧に空調管理の行き届いた天国のような快適さでした。

入場無料のロビーのソファーに腰掛けてみれば、目の前はこの景色



思わずウトウトしてしまうほどです。
HRKW氏はここでリアルに仮眠。笑

そして移動。

そのすぐそばにはこんなゲストハウスが出来ていました!



いわゆるビル一棟丸ごとリノベーション系で、僕が無条件で羨ましいと思ってしまうやつです。



目の前には小田原城のお堀がある最高のロケーション。ゲストハウスだけではなくカフェと屋上にはBBQスペースを併設。絵に描いたようような理想系。



同じ年くらいの地元の方々が運営しておりました。

元々は法律事務所のビルだったみたいです。
ほんとはもっと根掘り葉掘り話聞きたかったんですが、さすがに初見の僕にはそこまで話してくれそうになかったんで断念。


そして今回の本丸、宮小路へ!



かつては漁師の色街で、今も名残りで微妙にピンクな雰囲気とスナックなどが点在するこの路地に、ハイセンスなセレクトショップがあると言うのです。

HRKW氏が気になって一度見には行ったが、ちょっと一人で入れなかったという…



確かに言わんとする事は分かります。笑
めちゃくちゃ穴場感あります。

でも入ってみれば、オーナーご夫妻の奥様が気さくな方で「商品発注しながら寝そうになってました〜」といきなりのお茶目な展開。笑

でも店内の品揃えとのギャップがすごい。



こちらも憧れのフルリノベーション系で、お店は一階と二階があり、元々は雀荘喫茶??(売る覚えでごめんなさい…)みたいな建物だったみたいです。

欲しい感じの服がたくさんありました…(金さえあれば…)



もうオーナーご夫妻のセンスが詰まりに詰まったお店という感じで、小田原にこんなお店出来たのかー!!と驚くしかない。本当の服好きは一度訪れる価値しかありません。

その他にもこの辺りにはこの日は残念ながら休みだったんですがいい感じのカフェもあるらしく、小田原が少しずつど変わっている印象でした。

すっごい浅い考察ですが、、笑
昨今のリモートワークなどの影響でライフスタイルを見直して、都会から移住して来る方達が増え小田原に新しい風が吹いているようです。

そんな方達の「住む」や「働く」建物を紹介する不動産屋さんとして、間違いなくハブになっていると思われるのが旧三福不動産さん。

実はこの後に会った幼なじみのKNMC氏も多いに関係しております。彼もまた小田原で実におもしろい事を始めようまさに動いている時だったのです。
(※ 今回は少し長くなり過ぎたので、その件はまた別ブログにて!!)

そして今回アテンドしてくれたHRKW氏に感謝。

家で籠っていても始まらないので、こうやって色々目で見て感じる事は大事ですね。。帰国していつでも会えるようになったので、また色々と画策していきたいです。




2022年8月26日金曜日

恐ろしい事実に気づいた日

最初に申し上げておきます。

今回のブログはポジティブな人からすると読むに堪えない内容です。しかし記録や吐露を信条にしているので、今のマイナス思考の気持ちをそのまま書きます。しかも長いです。

去年の夏は電気工事士の辛い生活から一転、デリバリーを始めて充実したという夏の日々でした。それから一年、やっている事は全く同じ夏なのに、今年は気持ちがまるで違います。

とある出来事がきっかけにはなったんですが(※ほんと長くなるので別ブログにしてまた後日)、ひと言で言えば自己肯定感が爆下がりになってしまいました。

僕がやってるUberと出前館と言うフードデリバリーの仕事は、言ってしまえば誰でも出来る仕事ではあります。(※最近あった出前館のシステム変更が大いに関係してくるのですが、これも長くなるので別ブログにしてまた後日)

必要なのは運転免許証とスマホとバイクとデリバリーバッグだけ。



それ故に、街でよく見かけるとは思います。

夏休みになり学生がバイト感覚でやっていたり、おじさんが副業で始めたり、配達員が続々と増えています。そんな中にはリテラシー的なものが低く、半袖短パンにクロックス履いて配達している子も、バイク運転しながら信号待ちでタバコ吸ってるおっさんとかも居ます。

それだからと言う訳じゃないかもだけど、飲食店に商品を取りに行っても、「ウーバー来たよ…」みたいな感じで、一括りに見られているような気がしてなりません。お客さんのところ届けに行っても、いち配達員でしかありませんのでドアを少し開けて受け渡して終了です。

しかも飲食店で働いてる人と言えば、バイトの10代〜20代の若い子とか、パートのおばちゃんみたいな人達とか、そんな人達からも怪訝に扱われているような気がして、「自分は大学生を卒業して10年以上経ってるのに、一体何してるんだろう??」みたいな気にもなってしまいます。

さすがにこのままずっとこの仕事を本業にし続けるわけにはいかないという焦りを感じています。
これが副業だったらそこまで思い詰めないとは思うのですが、僕の場合は今の生活を支える全ての基盤となってしまっているのです。

ゆえに簡単に辞めるわけにいかないし、かと言って他に働きたいと思える会社もなかなか見つからなかったのですが、ようやく「これは…!」と思う会社を見つけて応募してみましたが、書類選考でアウト

リノベーションをメインにしている会社が沼津に支店を出すオープニングスタッフの求人に応募しましたが、落ちました。

考えてみれば僕の履歴書のメインのキャリアは約十年間のアパレル販売員で、直近には三ヶ月間の見習い職人挫折などと言うオマケ付き。特殊な資格や専門性のあるスキルなどは皆無です。

それならば!と好きなお酒と接客業の経験を活かせるかと思い、今住んでる場所から近い三島にあるバーの求人にも応募しましたが、落ちました。


…なんだかもう誰でも出来る系のバイトやパートの求人しか受からない気がしてきました。


そんなこんなで、電気工事士の辛い日々から逃げて今が楽しければいいなんて答えに辿り着いたハズが、一年後にはこのザマです。

では、仕事に追われて他に何か調べたりやってみたり時間が無いのか??

Noです。

むしろ休みの時間は以前よりたくさんあります。

それなのに休日は朝から酒を飲み、YouTubeやSNSの閲覧に時間を費やし、昼寝して、起きると夕方〜夜。

夕飯の準備をしながらまた酒を飲み出して、気がつけばもう深夜。昼に寝てるのでなかなか寝れなくて、空が明るくなり出した明け方にようやく就寝、、
起きると今度はお昼過ぎで、また酒飲み出してみたいな流れで連休突入なんて事もあります。絵に描いたような究極の怠惰で生産性の無い休日を過ごしています。
(※カッコ笑 とか付けたいけどまじで笑えない。)


要するに僕はスマホいじりながら換気扇の下で酒飲んで電子タバコ吸ってるだけなんです。




…とここで、恐ろしい真実に気がついてしまいました。

このブログでも、音楽活動とか中古物件のリノベーションとか、「人生の中で実現したい事」みたいに色々と言ってきましたが、実際の自分の生活を鑑みると…


本当は何もしたくないんじゃいか??


と言う恐ろしいような答えです。

だって、辛ければ逃げるし、楽しければ続ける
興味があればやってみるし、めんどくさければやらない

人はなんだかんだ言って必ず本心に従って行動を取るのです。


…そう考えると、僕は換気扇の下でスマホいじりながらYouTubeでひたすら流れてくる動画コンテンツに浸り、SNSで他人の成功を羨み、ひたすらアルコールとニコチンを摂取して、眠くなったら寝るという日々の習慣こそが本心であり、やりたい事なんだという真実が浮かび上がってがきてしまったのです。




しかも驚くべきはこれで今年38歳。

インスタなどを見れば、自分のお店や事業の紹介、子育ての記録、充実した趣味など、まるで自分とはほど遠い事を実現している友達や知り合いばかりです。

でもその人達には陰で努力したり辛い事もたくさんあって、そうゆう積み重ねを経て今があるのだと思います。きっとそれって20代とかにさんざん苦労や失敗をして、30代でようやく華を咲かせ始めて、40代から人生の後半戦の集大成に向かっていく気がしてなりません。

…そう、つまりその苦労や積み重ねから逃げて逃げて逃げ狂って来たのが僕の人生です。

だから今、何も無いのです
おまけに貯金も無いし。


こんな事言っても1ミリも状況が好転しないのは分かっています。ただ、ここまで自分のダメさを客観視できたのも久しぶりで、おもしろくなってしまいました。なのであとはどうゆう行動を起こすかにかかっています。

何年後かにこのブログを見て笑える日が来る時の楽しみを期待して、情けない姿のまま記録しておきます。



…と、ここで思い出してしまった。

6年前、31歳の夏も相当のマイナス思考に陥っていた事を。


もしも数年後、40代でまだ同じような事言ってたら、、、、そん時は全てを捨てて大雄山最乗寺にでも出家してくれ。

2022年7月27日水曜日

KURUHAで文月のディナーコース @伊豆の国市墹之上

結婚して早いもので五年経ちましたが、僕ら夫婦は互いの誕生日月にはプレゼントではなく旅行に行くみたいのが恒例行事になっています。

7月は嫁オニオンの誕生日月なのですが、今年の目標は夫婦で節約なので…苦笑
旅行はやめて、ちょっと贅沢な気分の夜ご飯に。しかも遠出せず伊豆のお店に行ってきました!

KURUHA


もともと三島の駅近くにあった有名なお店が、伊豆長岡という修善寺の方へ移転したようです。

三島の時はいわゆる路面店の一階という感じでしたが、移転先のロケーションは狩野川と言う川沿いで、しかも古民家フルリノベーションという…もうこれだけで僕の大好物なやつです。。笑



移転オープンをお祝いするお花にすらセンスを感じます。



…と思ったら、、
なんと鉄人・道場六三郎!!



なんとオーナーさんのシェフはゴルフ仲間だそうです。よく三島に来てるとの事。

僕は料理の鉄人の大ファンですから、もう鉄人達はほんとに神の領域に住む人と思っています。笑


店内も古民家の風情を残しつつも、スタイリッシュな空間になっております。

入口側のテーブル席

奥のテーブル席

中庭を望みます。
このお部屋ならちょっとした団体もいけそう??


カウンター席なんかも素晴らしい。


リノベーションとかそうゆうの好きな人からしたら、お料理食べずとももうこれだけでお腹いっぱいになるくらいの充実感が。笑

…いえいえ、そんな事ないですよ。

至福の夕方からビールを飲みながら待つ間にも、お料理への期待値は否応無しにMAXでございます。


例によって僕レベルの舌では料理の味批評的な事は出来ませんので、ただの感想です。あとはお写真でお楽しみください!

それでは、本日のお品書きです。

おまかせコース文月(8,500円)

(ディナーコースは4500円、6500円、8500円の3つです。節約とか言いながら一番高いのぶっ込みました!)


先付
クリームチーズの西京焼
いちじくの白和え
ヤングコーンとモロッコいんげんの酢みそ
トマトの蜜煮
浸しオクラ寿司

全てが爽やか。野菜や果物を中心とした7月の夏を感じる前菜。この後のお料理にも期待感が爆上がりです。


アスパラガスのすり流し

見るからに涼しげですよね。サッパリとしてていくらでも飲めちゃいそうでした。笑


お造り
三種盛り

ここでお刺身!カボスがいいじゃないですか。
(確かに鰤、鯛、ヒラメだったような…うる覚えです。ごめんなさい…)


煮物
フォアグラ茶碗蒸し

ここでガツンとパンチのあるひと皿登場!黒胡椒が効いていてとても美味しかったです。


焼物
すずきの大葉味噌焼き

薬味が好きなので、こうゆうの大好きなんです。主役の魚だけなく、付け合わせの焼いたししとうも椎茸もしっかり美味しい。


冷物
金目鯛のレアステーキ 蛤のジュレ添え

金目鯛にハマグリにウニ!笑
高級魚に高級な出汁かけて、高級なトッピング!笑
なんと豪華な組み合わせですが、これがサラッと食べられちゃうから不思議です。


強肴
あしたか牛のステーキ

ここでメインのお肉登場です。
外は香ばしく、中はしっとりの完璧な火入れ具合。口の中でとろける系のステーキです。肉自体が甘いので、ワサビや塩でシンプルに味わえるのも嬉しい。


蒸物
蒸しあわびの肝ソース焼き

十分に豪華な内容だと思うのですが、最後にダメ押しのアワビ様も登場です!笑
先ほどの牛ステーキが牧場だとすると、ここで一気に場面転換して漁港へ…。口の中いっぱい磯の香りが広がります。


お食事
とうもろこしごはん or 鯛茶漬け

最後はやはりのお米ですね。安心します。
せっかく二人なので、それぞれ頼んで、シェアしました。味噌汁と香の物も付いてます。


デザート

見てください、涼しげな出し方を。
いや〜、最後の最後まで清涼感のある内容でした。

感想をひと言で言うなれば、また来たいです。

お腹はいっぱい大満足なのに、全然くどくなく、高級な食材がふんだんに出て来ましたが、どれも素材の味が分かる味付けで、かつ季節感を全面的に出している…
これは正直、毎月一回来て、十二ヶ月全てのコースを食べて一年通してその季節感を全て味わい尽くしたいお店です。

…おっと!いけないいけない。
今日は嫁オニオンの誕生日を祝う食事会だった!
すっかり自分が楽しんでしまいました。笑

バースデープレートも事前にお願いしておりました。


気がつけばもう38歳か…早いなぁ。

嫁オニオンとは食べる事が大好きという事と、食材や味覚の好き嫌いがほとんど無いというのが一緒で、こうゆう時間を一緒に楽しめるというのがパートナーとしてありがたく嬉しいです。(世の中には思った以上に好き嫌いが多い人や、偏食な人が多いので)

という事で…



いつもありがとう、嫁オニオン!

記念すべき40歳の誕生日には一体何を食べてるのかなぁ…年をとっていくのは少し悲しいけれど、そうゆう楽しみがあると思えば悪くないですね。