2018年8月31日金曜日

グルメ海遊び開拓

“平成最後の”夏という事で海に行って参りました。

この前はKSN氏と熱海を満喫しましたが、今回はかみさんと戸田という所へ行って参りました。



こちらの御浜海水浴場は、松の木が揺れるなんとも風光明媚な浜でございます。

波も無く、穏やかでこじんまりとした海はファミリーには最適でしょう。

熱海や白浜などにありがちなギラギラ感は皆無。笑
しっぽりとしています。30歳過ぎてからのビーチと言ってもいいかもしれません。



そしてなんと言っても水の透明度がすごい!!
写真はありませんが、この透明度はぜひ体感して頂きたい!水中メガネはマストです。

実は今日、ここで検証したい事があったのです!


その①
「海で作って飲むハイボール、通称“海ハイ”最強説」

通常、海で酒と言えばまぁビールでしょう。
ただ私は自宅にビールサーバーを導入してからというもの、缶ビール(たとえそれが生でも!)を敬遠するようになってしまったのです。なんたる贅沢病…さすが末っ子。笑

しかし、ビーチにサーバーを持ち込むのは難儀…

そこでこれです!!



そう、ハイボールなんです。

クーラーボックスでキンキンに冷やしたグラスで作るハイボール。もちろんウイスキーは好きな銘柄で。缶のハイボールもありますが、比べものになりません。

しかも、海で食べたくなる食い物、唐揚げ、焼きそば、ポテト、なんでも来い状態です。笑

これが“海ハイ”最強説なのです。


その②
「海で遊んだ後に食うカップ麺最強説」

これはもはや定説ですね。
でも海の家やコンビニでお湯を調達するのではなく、水筒にお湯を持参して、浜辺で食う!!
これをやりたかったのです。笑



今回持ち込んだのがこちら。

それと海でひと遊びした後って言うのも、大事なポイントですよね。

さぁ、実食…!





うううううますぎる…!!!

お湯の量を少し減らして味濃い目にするという小細工も大当たり!!海上がりに身体が欲してた味です。
この匂いは周りから羨望の眼差しをくらう事間違い無しです。笑

それにしてもこの凄麺シリーズ。ほんと企業努力のたわものと言って差し支えないと思います。




あ…肝心の海の写真がまったく無いんですが。笑

すっかり満喫いたしました!


今後はテーブルも持参して、カセットコンロでアヒージョ作ってつまみながら冷えた白ワインなんてのもオツなんじゃないでしょうか。

若い頃の僕がそんな奴を見たら「スカしてんじゃねーよ、おっさん!」と思うかもしれません。




…でも大丈夫。




スカしてませんから!笑




という事で、これからの海の楽しみ方の期待と可能性が膨らむ貴重な一歩を踏み出したのでした!

来年以降の夏休み投稿に、乞うご期待!


そうそう、帰りに道の駅「くるら戸田」に併設された「壱の湯」でひとっ風呂浴びて帰ったのですが、ここのお風呂最高でした!!





これは戸田の海遊びとセットにすることを強くオススメいたしまして、〆させて頂きます。




2018年8月24日金曜日

SNSは必要なのか?

【Blogger ドメイン】

とかで検索すると、たくさんのサイトが出てくるのですが、
どれもお名前.comとかを紹介するパターンで、イマイチよく分かりませんでした。

そこでBloggerの【ドメインを購入】からそのまま進んで、Google Payでクレジットカード情報入力したら、あっという間に取得できました。

http://www.masaonion.com/

使用料は年間1,400円でございます。
お名前.comだと1,150円でしたが、果たして何が違うのか…?
よく分からないまま幕を閉じました。笑


いきなり意味の分からない話で幕を開けましたが…笑


そもそもなぜドメインを取得したかというと、ここのところSNSの必要性に疑問を感じてきたのです。

いっその事、フェイスブックもインスタもやめてみようかと検討中なのです。
※商売やる人にとっては非常に有効なツールですけどね

ヒマさえあればついつい見てしまうし、フェイスブックで誰かの事を羨ましく思ったり、どこか出かけて外食したり、果ては自宅で料理しただけでついインスタ用にと意識して写真を撮ってしまう………

なんかそんな自分がバカバカしくなってきたのです。笑

自分の人生なんだから、まわりの評価なんて気にせずにただひたすら没頭すればいい。


ただそれだけの話なのではないでしょうか。


そしてSNSとブログが違う最大のポイントは、【タイムラインに流れてきたので受動的に見た】のではなく【興味をもって主体的に見てもらう】という点なのです。

万が一そうゆう人が150人くらいにまで増えたなら、それはとても心強い。
密な関係を築けるコミュニティーの限界数が150人と言われています。夢はオニオン村ですね。笑

とどのつまり「ブログに関しては末長くがんばります」という意思表示として、ドメインを取得した訳であります。

2018年8月15日水曜日

夏休み 2018

さぁ今年もやって参りました大人の夏休み!
今年は恒例のKSN氏と、「どっぷり熱海」がテーマです。海外赴任でHRKW氏が居ないが残念です。

朝、駅に迎え行くものの、がっつり渋滞…



お盆、ど快晴ですからね。
さっそく観光地、熱海の洗礼を浴びます。
海に行こうとする人達で駐車場はどこも満車。
正午の時点でさっそく駐車場難民です。笑

ようやく一台空いたところに滑り込み、酒、氷、クーラーボックスを買い込み海へ!

…の前に腹ごしらえです。



わんたんや」さんの冷やし中華ワンタンメン

これが実にうまい!!炎天下のなか20分ほど並んだ後の瓶ビールがまじうまい!!

パワーMAXで海へ!



設定は、熱海にホテルを経営するアラブの大富豪と、夏だけ日本のホテルで働く韓国人。笑

でも装備はイスだけ!笑
焼け死ぬので、なんとか日陰を見つけて拠点にしました。



見上げればヤシ。いいじゃないですか。
ビールからの、海ではしゃいでハイボール!



若者に混ざってはしゃぎ倒しました。笑
でも年齢的にもう限界ですね…
来年からは装備を充実させてしっぽりと飲む大人ビーチバカンスにしたいと思います。



日帰り温泉でひとっ風呂浴びる。
最高に気持ちいい。

KSN氏がお店のテイクアウトビールをおごってくれました。さすがアラブの富豪です。



そして再び夜の海へ!
ライトアップがいい感じです!



実に夜風が気持ちいい。
そして昼間の再来かのように人が続々と集まってきます。みんな花火なんかしています。

せっかくなので私達も浜辺にいた育ちの良さそうな若者達を捕まえて、一緒に花火しましたところ、衝撃の18歳でした。笑
でもめちゃくちゃ良い子達で、おじさん達は感動しました!

解散し、若者達の輝く未来を祈りつつ、おじさん達は焼き鳥屋に移動します。



ここもフレンドリーで良いお店でした!
こちらもかねてから行きたかったお店でした。
熱海で呑むなら、ぜひ「鳥満」さんへ!



そしてまた海へ!もはや気狂い!笑
もうベロンベロンです。



すると浜辺にぽつんと、世界一周旅行を目指して、たそがれている若者がいました。
そのあたりに関してはさすが海外旅行経験豊富のKSN氏。若者は食い入るようにKSN氏の色んな話を聞き、話は盛り上がり、ファミレスへ。

人生の話などにも入り込み、気がつけがもう夜中の2時をまわります。。


そして最後は駐車場に戻り、車中泊!



これがキツイ。まじでキツイ。
広いワゴン車とかじゃないから安眠できる体制を探すのに四苦八苦。まだ外が薄暗い間は、諦めて外のベンチで寝ましたからね。笑

そんなこんなで熱海を思う存分楽しんだのでした!


いや〜
しかし色々笑ったわ〜

わたしはKSN氏の言葉選びのセンスが大好きで、ツボる事が多々あります。なので毎度彼との会話のキャッチボールがとても楽しみなのです。

本日の名言。

「国民の希望」

以上、詳しく知りたい方はDMください。笑


ただ、悲しいかな、年々体力が衰えているので、こういった夏の遊び方は今年がもう最後かもしれませんね。。

2018年8月12日日曜日

SW-C20B

修理に出していたブツが帰ってきました。



長野県にある城下工業という会社からです。
真空管が光っております。



一体何かと言いますと…




ででん…!!



真空管アンプのCDプレーヤーであります!
本体と装飾部分と、スピーカーが竹で出来ております。


このオーディオ、何気にかなり思い出が詰まっておりまして、購入したのは遡る事10年間前の、まさにこれから東京で働きはじめようとしたその頃です。

社会人となり、初めて実家を出て一人暮らしを始めた街が麻布十番でした。引っ越しの後、両親から「家具や家電が必要だから」と餞別に30万円ほどもらったのです。

そしてその直後、麻布十番商店街の小さな電気屋さんに置いてあったこの真空管アンプに一目惚れ。

餞別の三分の一をいきなりCDプレーヤーにぶっこむとうクレイジーな判断をくだして購入しました。笑

「社会人の初給料で買った!」とかだったら聞こえが良いのですが、実際はそういった経緯です。

とは言え、まぁ今だったらたとえ欲しくてもCDプレーヤーに10万円もかけようとは到底思えないので、若気の至りの産物として、末永く愛用したいと思います。

2018年8月8日水曜日

玉峰館 ~朝風呂、朝ビール、朝ごはん~

翌朝は台風予報だったのですが、それてくれたようで、晴れてくれました。

予約していた貸切風呂へ…


陶器のお風呂でした。
玉峰館は源泉が複数あり、お風呂によって違うお湯の質が楽しめるという贅沢な温泉風呂です。


その後はお楽しみに朝ごはん!

色んな小鉢と一緒にご飯食べるスタイル。
これ、つまみに最適じゃね??
との事で麦酒を…

周囲を見渡しましたが、さすがに朝からこれ頼む人はいなかったですね。笑


するとさらに小鉢と干物が来襲!なんかすごい事になってきました。

小鉢も何もかもすべて美味しい!ビールも相まってもう錯乱状態です。

でもやはりすべてのおかずをまとめあげる主役がこちら…


つや姫様にございます。

まさにおかず達の絶対君主。
子子孫孫と語り継がれる稀代の女帝、それがつや姫なのです。


いや~…大満足の一泊二日でございました。
河津や下田の観光の際におすすめのお宿です。
むしろ変に観光しなくても、この宿泊まるだけでも十分満足できるかと。


サプライズでかみさんの誕生日を祝うつもりが、結果僕が一番楽しんでしまったようです。笑

最後に昨晩の出来事をひとつ…


この宿に泊まることもサプライズだったのですが、ダメ押しでサプライズプレゼントも用意していたのです。そもそも誕生日忘れてましたからね。笑
それは高価な物ではなく、欲しがっていたサコッシュでした。


それを僕のカバンにいれておいて、夕食後に部屋で渡そうと思ったのです。
例のパターンです。


そして予定通り夕食後部屋に戻り、これから渡そうとタイミングを見計らっている時の事。


プレゼントラッピングした袋がカバンからちょろっとはみ出ていて、かみさんが「何これ?」と先に見つけてしまったのです…笑


なんたる嗅覚…!なんたるがめつさ…!笑
圧倒的サプライズ殺し……!!


まぁおもしろかったので良しとします。






2018年8月7日火曜日

玉峰館 ~旬彩六感にて夏のお夕食~

部屋の露天風呂を堪能した後は、お待ちかねの夕飯タイム!!
料理長の立石真平氏がプロデュースする旬彩六感という食事処にて、和食のフルコースです。そしてここがY氏が働いているところです。



お酒は料理に合わせて出てくるペアリングコースにしました。アルコールが飲めないかみさんはお茶のペアリングコース。

例によって、美食家でもなんでもない僕の陳腐な批評なんてしません。感想文です。あとは写真でお楽しみください。

先付『彩々soak』

実に涼しげな見た目と味。これから始まるコースへもワクワクが否応なしに高まります。


前菜『花鳥風月』


色んな食材を多彩な味付けと食感で少しづづ堪能します。堪らんですな。
こんな事できるのって日本料理だけじゃないでしょうか。

※ここでペアリングで出てくるお酒が飲むスピードに追いつかず、さっそく追加でビール。笑
奥に見えるの今回お世話になったY氏です。


お椀『涼濁黍』


りょうもろこし、と読みます。
トウモロコシの冷製ですね。じゅんさいと一緒にさっぱりと頂きます。


お造り『伊東港より夏の仕立て』
※写真撮り忘れた〜!!見た目も美しく、おいしかった…
パクチー、ナンプラーなどが入った特製のスパイシー酢と白身との相性が最高でした。


魚料理
僕は、『稲生産金目鯛』


桜海老ソースが濃厚で、まるでビスクみたいでしたよ。もはやステーキ食べてるみたいな豪華さ。
芽ネギがさっぱりとさせてくれました。


かみさんは、『伊東産かます』


こちらは梅肉ソース。そうです。夏なんです


肉料理
僕は、『静岡県産とんとこ豚』


低温でなんと24時間調理したとのこと…!ホロホロでした。丸いのがカラシでプチッとなるのです!


かみさんは、『和牛ロース』


中には雲丹がふんだんに巻き込まれていました。俗に言う、口に入れた瞬間溶けたって
やつです。


お食事『は・も・う・め・し』


Y氏みずから取り分けてくれました。
鱧と梅の炊き込みご飯です。針しょうがでさらにさっぱりとしていました。なんといってもお米の「つや姫」が一粒一粒甘くておいしいったらない。
付け合せの赤だしがまた良い。このコンビネーションで、何杯でも食べられそうなくらい美味しかったです…思い出すだけでまた食べたい。


デザート『momomomomomo』


最後はテラスに移動して、桃のデザートです。
どこまでも至福の時間でした。


お気づきかもしれませんが、季節をこの上なく感じさせてくれるコース内容でした。
なんとひと月ごとにメニュー変えるそうです。

Y氏いわく、料理部グループLINEには常に料理やお酒にに関する新しい情報が流れてくるとの事。こういった一つの事を極める人の“好き”のエネルギーって、ほんと凄いですよね。
そして立石氏の遊び心溢れるネーミングセンスですね。笑
味が伴っているからこそできる芸当です。


この後は貸切風呂を堪能して、館内のバーでY氏を交えて一杯やりました。
なんとサプライズでかみさんへのバースデープレート!


どこまでもお世話になってしまいました…Y氏とは今後さらに交流を深めたいと勝手に思っております。

そして案の定記憶無くして爆睡…!!



この後ベットの隙間に挟まって朝を迎えました。笑

玉峰館 ~必殺サプライズの巻~

突然ですが、わたしは人の誕生日を覚える事が出来ません…。親兄弟ですら、覚えてないんのです。

7月末にはかみさんから誕生日の三日前くらいに「もうそろそろ誕生日なんだけど…」と言われて、焦りましたが、時すでに遅し。
慌てて中途半端なプレゼントとか買ってもしょうがないので、開き直ってそこから準備しました。笑

という事で、得意のサプライズで泊まる作戦です。
この日もちょっと下田方面に出かけようという事で連れ出し、事前に予約しておいた宿に到着。

伝統と革新のお宿、玉峰館でございます。





入口からして、なんとも趣あります。

そしてようやく事態を把握したかみさんは、驚きのあまり大人しくなってしまいました。笑

今回、なぜこの宿にしたのか??

事の発端は数ヶ月前に遡ります。
お店に来てくれたとある若い男のお客さんと料理の話で盛り上がりました。それもそのはず、そのY氏は東京のなだ万で働いていた経験があり、この宿の料理長にヘッドハンティングされた上司と共に、河津に移住して来たとの事なのです!
なだ万と聞いて、料理の鉄人マニアの私が黙っていません。笑

いつか泊まりに行きたいな〜と、ずっと気になっていたのですが、今回ちょうど良い機会だったので、予約したのです。

前置きが長くなりましたが、何が言いたかったというと、案内されたお部屋がこちら…



何と、露天風呂付き!



そうなんです。
先程のY氏の計らいで、部屋をランクアップしてくれていたのです…なんとありがたいサプライズサービスでしょうか。

こうなるともうテンション上がってしまったのはかみさんより私の方です!笑
浴衣に着替えて早速一杯!



そしてウキウキで館内を散策します。

このお宿、創業は大正まで遡ります。渾渾と湧き出る天然温泉は今も変わりませんし、実にシンボリックです。




そして数年前にインテリアデザインの巨匠、内田繁氏の監修のもとリニューアル改装したのです。内庭を囲むような造りの施設で、まるで別の時間が流れているような感覚にさせてくれます。








気がつけばもう夕方…
最大のお楽しみ、夕食の時間です!!