2018年8月7日火曜日

玉峰館 ~旬彩六感にて夏のお夕食~

部屋の露天風呂を堪能した後は、お待ちかねの夕飯タイム!!
料理長の立石真平氏がプロデュースする旬彩六感という食事処にて、和食のフルコースです。そしてここがY氏が働いているところです。



お酒は料理に合わせて出てくるペアリングコースにしました。アルコールが飲めないかみさんはお茶のペアリングコース。

例によって、美食家でもなんでもない僕の陳腐な批評なんてしません。感想文です。あとは写真でお楽しみください。

先付『彩々soak』

実に涼しげな見た目と味。これから始まるコースへもワクワクが否応なしに高まります。


前菜『花鳥風月』


色んな食材を多彩な味付けと食感で少しづづ堪能します。堪らんですな。
こんな事できるのって日本料理だけじゃないでしょうか。

※ここでペアリングで出てくるお酒が飲むスピードに追いつかず、さっそく追加でビール。笑
奥に見えるの今回お世話になったY氏です。


お椀『涼濁黍』


りょうもろこし、と読みます。
トウモロコシの冷製ですね。じゅんさいと一緒にさっぱりと頂きます。


お造り『伊東港より夏の仕立て』
※写真撮り忘れた〜!!見た目も美しく、おいしかった…
パクチー、ナンプラーなどが入った特製のスパイシー酢と白身との相性が最高でした。


魚料理
僕は、『稲生産金目鯛』


桜海老ソースが濃厚で、まるでビスクみたいでしたよ。もはやステーキ食べてるみたいな豪華さ。
芽ネギがさっぱりとさせてくれました。


かみさんは、『伊東産かます』


こちらは梅肉ソース。そうです。夏なんです


肉料理
僕は、『静岡県産とんとこ豚』


低温でなんと24時間調理したとのこと…!ホロホロでした。丸いのがカラシでプチッとなるのです!


かみさんは、『和牛ロース』


中には雲丹がふんだんに巻き込まれていました。俗に言う、口に入れた瞬間溶けたって
やつです。


お食事『は・も・う・め・し』


Y氏みずから取り分けてくれました。
鱧と梅の炊き込みご飯です。針しょうがでさらにさっぱりとしていました。なんといってもお米の「つや姫」が一粒一粒甘くておいしいったらない。
付け合せの赤だしがまた良い。このコンビネーションで、何杯でも食べられそうなくらい美味しかったです…思い出すだけでまた食べたい。


デザート『momomomomomo』


最後はテラスに移動して、桃のデザートです。
どこまでも至福の時間でした。


お気づきかもしれませんが、季節をこの上なく感じさせてくれるコース内容でした。
なんとひと月ごとにメニュー変えるそうです。

Y氏いわく、料理部グループLINEには常に料理やお酒にに関する新しい情報が流れてくるとの事。こういった一つの事を極める人の“好き”のエネルギーって、ほんと凄いですよね。
そして立石氏の遊び心溢れるネーミングセンスですね。笑
味が伴っているからこそできる芸当です。


この後は貸切風呂を堪能して、館内のバーでY氏を交えて一杯やりました。
なんとサプライズでかみさんへのバースデープレート!


どこまでもお世話になってしまいました…Y氏とは今後さらに交流を深めたいと勝手に思っております。

そして案の定記憶無くして爆睡…!!



この後ベットの隙間に挟まって朝を迎えました。笑

0 件のコメント:

コメントを投稿