2022年1月20日木曜日

稲取 食べるお宿 浜の湯 〜夕食編〜

いきなり旅館ブログが続いておりますが、こちらは昨年末の事です!

夏にかみさんの誕生日祝いで旅館に泊まったものの、はっきり言ってしまえば消化不良だったので、今度は年末自分の誕生日祝いでリベンジを果たそうという魂胆です。

前回、星野リゾートに対して調べもせず、ネームバリューだけでやみくもに期待をし過ぎて失敗した事を踏まえ、今回はお宿に期待する事を一点集中…

それこそが…

お食事…!!

なんです。
施設の良さとかロケーションの雰囲気とかそう言って事は二の次、三の次!笑
とにかく“伊豆らしい美味しいご飯”を心ゆくまで堪能したい!

その目的を叶えるべく決定した宿がこちら




いきなり車が目立っちゃってますが、せっかく宿に行くならYouTube撮ろうと思いまして、ドライブ企画と言う事で行って参りました。

これからブログ書く前になんですが、YouTubeの方が臨場感あるのでよかったらどうぞ。笑

でも実際、東伊豆の稲取までの道のりは海も見えてドライブでもオススメです!

今回の宿の決め手となったのは、何を隠そう嫁オニオンが「昔、元カレと泊まってすごく良かった」という実体験に基づくもの。笑
付き合いたてのカップルだったらケンカになってしまいそうなエピソードですが、我々はもはや夫婦ですので、そんな事はどこ吹く風。むしろネットの口コミより信頼できるのでありがたいです。笑

…と言う事で、チェックイン!

今回のお部屋「展望デッキ付き和室」です。


ロケーションは重視しないと言いつつも、目の前が海でまさに伊豆らしいお宿です。

そして稲取の名物「吊るし雛(つるしびな)」なんかも展示されています。


そして食事の前にお風呂へ。
屋上に大露天風呂からは海が一望できる…

…はずが、夜なんで真っ暗。
嵐のような風が吹き荒れておりました。笑

まぁそんな事はどうでもいいのです!
なんと言って今回のお目当ては食事ですから、全てはほんの些細な布石に過ぎません。

今回の宿泊プランはお料理特別プランからこちらに決定!

料理長お薦め『贅を極めた地金目づくしプラン』


再三ですが今回は宿泊というより完全に食べ勝ちに来ています。笑

それではまずはお夕食からご覧ください…!
(ワタシは食通でもなんでもないので食レポなどという野暮な事はしませんが、特に記憶に残った感想だけは記載させていただきます。)


お品書き


否応無しに期待高まるこの瞬間…
お食事は全てお部屋食で、座っていれば次から次へと運ばれてくるお殿様スタイルで頂きます!笑


食前酒と先附け
「柚子酒」
「帆立と菜の花の白和え」


さっぱりとした食前酒と白和えで進撃の狼煙が上がります…


前菜
「和牛有馬煮」
「胡瓜辛子漬け」
「冷製南瓜ポタージュ」
「栄螺(サザエ)天城和え」
「銀杏松葉」
「サーモン寿司」
「鮪真丈(しんじょ)雲丹焼き」
「蓮根チップ」


山の幸、海の幸、お野菜でいきなり総合格闘技状態です。笑


逸品
「金目鯛にぎり 炙り、湯引き」


さっそく来ました!近くに漁港で揚がったばかりの地物の金目鯛を二種類のお寿司でいただくこの贅沢感…


台の物
「鮑酒蒸し」


高級食材の鮑が序盤から登場。主役級の食材がのっけから出てきて、この後一体どうなってしまうのでしょうか。笑


造里
「季節の鮮魚」


出ました…!舟盛り!!
マグロ、目鯛、ブリ、伊勢海老、ワラサ、サザエ、ここでも金目鯛。しかも本ワサビ付きです。

そして本来名前が入る所が、なんとお誕生日おめでとう仕様に。笑



温物
「海老芋とけんちん揚げ」なめこ餡、青梗菜、紅葉麩

ここで胃を温める一杯。まだまだこれからと言わんばかりでしょうか。


鍋物
「金目鯛しゃぶしゃぶ」


追撃の金目鯛はしゃぶしゃぶで!薬味も抜かりありません。


浜の湯名物
「金目鯛姿煮」里芋、隠元豆


来ました…ボスが…
以下、公式HPから引用します↓

他では味わうことのできない”秘伝のたれ”このたれこそ浜の湯の金目鯛姿煮の真髄。濃厚で甘辛いこの”たれ”こそがまさしく稲取の昔ながらの郷土の味!さらに浜の湯の煮付けはトロリとした濃厚な煮汁が独特で、どこにも負けないコクのあるまろやかな味

・まとめて30匹~50匹の金目鯛を大なべに漬け、大量の金目鯛から出る旨味や脂が絶妙な味を引き出します。

…こんな調理方法は旅館さんならでは。家庭では絶対にマネ出来ません。笑
果たしてこのタレで白米何杯いけるのでしょうか…


食事
「金目鯛釜飯」榎茸、油揚げ、三つ葉

香の物
「三点盛り」

止椀
「金目あら汁」


フィニッシュまでまごう事なき金目鯛祭り!!
大げさですが“ 一生分のキンメ喰った”って言うくらいの満足感です。


デザート
「胡麻プリン」
「ミニトマトコンポート」
「蜜柑、ブルーベリー」


最後は和スイーツとフルーツでさっぱりと。にくいです。


お誕生日特典
「シードル」


こんな物まで頂きました。嬉しい演出ですね〜

展望デッキのハンモックで昇天いたしました。笑



…いかがだったでしょうか。
ひと言で言えばほんと大満足でした。

前回行った☆野リゾートのお宿がすべて全部そうだとはもちろん思っていませんが、食事だけで言えば今回は完全に浜の湯さんの圧勝でした。笑

これだけにお夕飯もいただいたのに、翌日の朝食まで凄かった…!!

次回、朝食と総括へ続きます。

2022年1月12日水曜日

伊東 界 アンジン(県内限定割引プラン)

あけましておめでとうございます!
そしていきなりのブログが昨年の夏の出来事というアップ不精をお許しください。笑
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年2021年は三月に職業訓練校を卒業、四月に電気工事の会社に就職、七月には辞めて(笑)、そこからフードデリバリー生活を送っておりました。

会社を辞めた直後の夏は挫折と解放感に溢れておりまして、同時に毎年奥さんの誕生日を祝う旅行が恒例となっている時期でもあります。

過去には河津の旅館箱根の旅館など、伊豆という立地を活かして比較的近場の温泉宿に泊まるのが恒例となっております。

…と言う事で、昨年も行って参りました!
僕が伊豆に越して来た時の最初の生活拠点、伊東にある星野リゾートのお宿です!!




なぜこの旅館に決めたかと言うと実にシンプル。

「星野リゾートの宿に泊まってみたかったから」

その一点のみでございます。

そりゃそうだ、伊東なんて何年も住んでた場所だからもう今さら観光感も無いし、珍しい場所でもなんでもないです。なんなら仕事の苦い思い出とか思い出しちゃう。笑
人間って絶対辛い記憶の方が鮮明にインプットされてますよね〜…

話が逸れました…笑

皆さまご存知かもしれないですが、星野リゾートは高評価で有名ですが、宿泊代は安くないです。
でも昨今のコロナ禍という事もあり、県外からの人ではなく、県内の人を限定対象にしてなんと45%オフになるプランがあったのです!!

これならば夢の星野リゾートも宿泊出来る!
しかもこのコロナゆえの期間限定プラン!

そう思って事前の下調べも何もせずに予約し、8月4日〜5日、一泊二日で行って参りました!!


まず施設ですが、海の目の前に建つビルです。
清潔感がありまさにキレイでした。ただ趣があるかと言うとそういった感じではありません。


大浴場が最上階にあり、そこではなんとクラフト生ビールが飲み放題!下調べした訳ではないですが、これは僥倖…!!奥さんの誕生日を祝う旅行なのに自分がここで一番テンション上がってしまいました。(かみさんはお酒飲めない人。笑)


風呂上がりのデッキはこんな感じ。気持ち良いです。
みんなこうゆうアングルで写真撮ってました。
(※日本人ってほんとこうゆう所だよな〜、って思いつつ自分もやっちゃうザ・日本人のわたくしです)


そしてお待ちかねのお食事タイムです!
僕ら夫婦が宿に泊まる最大の目的はこの食事と言っても過言ではありません。

果たして星野リゾートのお食事とはどのような内容なのか…!?否応無しに期待が高まります。

いざ…!!


先付け


温物椀


八寸・お造り・酢の物


揚げ物


蓋物


食事


美味しかったですよ!普通に。

あと部屋の装飾も凝ってておもしろかったです。




…そして翌朝も快晴!


朝風呂入ってからお楽しみの朝食です。

いざ…


どどーん


美味しかったですよ、普通に。

食事より気になったのが、食堂のパーティションです。この異素材ミックス感をご覧ください。











え?なんかイマイチな感想??



…もうお分かり頂けたでしょう。

事前の期待値が高過ぎたんです!!


そのブランドゆえに、相当な施設と食事を期待してしまいました。期待値のハードルを自ら上げ過ぎて、それを越えられなかった…ただただそれだけの話なんです。笑

ただひとつだけ言わせてもらいたいのは、この内容で宿泊代が45パーセントオフになって一人3万円という事です。
コレ、割引じゃなかったらぼったくりバーに近くないすか??笑
要するに最初から値引後でも十分利益が出る値段設定なだけなんですよね…

でも宿自体に何に悪い所があった訳ではありません。
スタッフの方の接客も良かったですし、何ひとつ不満は無いのですが、値段を考えると満足も出来なかったと言うのが本音です。

…とまぁ、帰宅して気がつきました。
「県内の方限定!!45パーセントオフ」のパワーワードに引っかかったのが悪いんです。下調べを怠った自分の怠慢です。

しかも美味しいご飯と綺麗な宿にありつけて文句言ってるようじゃ、贅沢病の極みでしょう。アフリカの子供を思い出しなさい。パレスチナの難民に思いを馳せなさい。


…でも最後に、、どうしても、、ボクの大好きな漫画「ハンチョウ」で代弁させてください。















2021年10月16日土曜日

フリーランスで稼ぐ生活で感じた変化

またまた時間が空いてしまい、申し訳ないです!

相変わらず出前館と、新たにUberまで始めてすっかりフードデリバリー野郎になったマサオニオンです。笑

(デリバリーやってる人の間でこのYouTube動画がバズったら地味に嬉しい。笑)

なぜウーバーも始めたかというと、出前館が稼げなくなってしまったからです!


要因①緊急事態宣言の終了
9月30日をもって解除された事により皆さん今まで我慢していた外食をするようになったのか、ステイホーム需要だったフードデリバリーが明らかに減りました…。まぁそりゃそうですよね。

要因②ドライバーの増加
うちにはテレビが無いので知らないのですが全国的に出前館のCMがばんばん流れているようです。認知度上昇で個人委託のドライバーが増えて、更には法人で契約して会社から雇われて配達するドライバーも現れて日に日に街を走るドライバーの数は増える一方。早押しによる注文の取り合いが激化の一途を辿っており、夏に一日30件配ったのはもはや夢物語となってしまいました。

そんな感じで出前館で稼げなくなった分をなんとかUberで補填している状態ですが、正直これも色々な要因で状況が変わりそうなので、いつまで稼げるかはわからないところです。(まぁでも商売なんてそんなもんでしょう…)

それでも続けているのはもちろんお金を稼ぐ為と、相変わらずストレスフリーなこの勤務形態。そして配達中に見つける街の景色のおもしろさ。

「怖すぎるカカシ」
鳥じゃなくて人が寄り付かないわ。笑

「夕暮れの国道沿い」

店の灯りと夕焼けがなんか鮮やか!
色弱だからわかんないけどきっと色んな色がありそう。

「ザ・虹」

雨に日の配達はやだな〜…と配っていたら徐々に晴れ間がさして、見上げたらこの虹!
色弱だから3色しかわからないけど!笑


…とまぁ、すっかりフードデリバリーの毎日なんですが、この生活が身体に馴染みだすと同時にとある答えに辿り着きました。なぜ今の生活を続けていると言うと、、、、

「全てが自分ごとになった」

からだと思います。

今までは雇われて仕事した事しかありません。その中で前職のアパレルでは店長などもやって「どうして他のスタッフはお店の事を自分ごとで考えてくれないんだろうか…」などと思う事もあったりして、それなりに自分ごととして職務を全うしているつもりでした。

でも結局は何かあると、上司のせいや部下のせい、最終的に会社のせいにしてしまう。一番単純でわかりやすいには勤務時間に対する気持ちの変化です。

・決められた出勤時間に遅刻しないように起きる
・与えられた勤務時間と休憩時間を守ってこなす
・出勤と休日をシフトで管理される生活

今まで当たり前だったこれらが無くなった事による自由度の増し方ものすごいのです!

今までは昼になれば腹が減り「早く休憩したいな〜」と思い、終わりが近づけば「もう休憩終わりか〜」と思い、終業時間が近づけば「早く帰りたいな〜」と、結局やっぱり頭のどこかで思っていました。

でも今はとにかく一件でも多く配ればその分稼げるので、「休憩なんかしてる場合じゃない!」と言う気分になり、「今日はあと何件配れば予算達成できるから、夜遅いけどウーバーで稼働しよう!」などと自分を鼓舞して22時過ぎまで配達する事もしばしば。

もちろんそんな頑張る日ばかりではなく、なんとなーく一日中テンション上がらないから早く上がっちゃう日や、朝から雨が降ってたり前日に酒飲みすぎて二日酔いでだる〜い日は「今日はかったるいから休も〜っと」となり、また朝からビール飲んでYouTube見たり、動画編集したりしてる日も多々あります。

そして一日休むとたいてい連休にしたくなって二連休、三連休と休んでしまいます。笑

そうなると「いよいよ稼がないとヤバい!」となり、また働き出す。笑

この繰り返しです。

でも以前のように一か月どんな働きをしても決まった給料がもらえる安定感よりも、やったらやった分だけ稼げてサボったらサボった分稼げない今の方が、誰のせいにもできないので、大袈裟ですが生まれてはじめて「生活が自分ごと」になった気がするのです。

そうなると、もう【転職】=【どこかに就職する】とうのが出来ない身体になりつつある事に気が付きました。

「とにかく何か自分で稼げる事を初めてみて、足りない分はフードデリバリーで補填すればよくね??」と言う発想です。

今までずっと【独立】=【どこかで何年も修行して開業準備して銀行からたくさんお金を借りて…】みたいな頭で、「自分にはそんなスキルが無い…」とか「独立するのにお金が無い…」とかすぐそう言ったハードル(言い訳)につまづき、何もやらず仕舞いです。

でももっと気楽に考えてみようと思うようになりました。と同時に、「明日死ぬかもしれないからやりたい事はなるべく早く実現したい」という気持ちもあります。でも根底に流れるのは、


「今、楽しいか?」

という発想です。

これさえブレなければ、どうやら僕は人生が充実していると錯覚するようです。(そもそも人生に意味なんて無い)
大変な事には極力チャレンジするように努力するけど、辛い事や嫌いな人からはとにかく関わらずに避けて逃げまくる。これに尽きます。笑

そうなると一番多いであろう【働く時間】が自分以外の誰かの要因で一喜一憂するようだと【楽しくない】のです。

もちろん良い面で言えば、「チームプレイで何かを成し遂げてみんなで喜びを共有する瞬間」や、「一人では絶対に出来ない規模の仕事」など、圧倒的に味わえる達成感が違うと思います。
でも悪い面で言えば「誰かにせい」で嫌な思いをする瞬間がちょっとでもあると、僕はもうたぶんきっと「これだったらフードデリバリーで稼いでる方が良いわ」となってしまいます。

…と予想以上にすごい長くなりましたが、配達が楽しくなったもう要因の大きなひとつがコレ。


そう!これならバイク乗りながら外部の音も聞こえつつ、大好きな音楽を聴き放題!しかも一日中…!!

たぶん今の生活を続けちゃってる理由はたぶんこれですね。最近はグッとくる曲が流れて一緒に熱唱すると、すぐ泣いちゃいます。笑


…と言う事で!
さすがに残りの人生ずっとフードデリバリーやるつもりはありませんが、少なくとも転職して雇われて働く事もなさそうです!

サラッとこれって今までからするとかなり大きな気持ちの変化なんですが、変化なんて案外そんなもんなんですね〜ってお話でした。

2021年8月31日火曜日

出前館の夏 2021

前述の通り、電気工事の会社を辞めてその夜からさっそく出前館の配達をしてみました!

電気工事会社の最終出勤日が近づくにつれて、「もう二度とこの現場の詰所に来なくていいのかぁ」と思うと、天にも登る気持ちでした。笑




そもそもなぜ出前館かと言うと、とりあえず次の転職はもう失敗したくないので、8月いっぱいはじっくり転職活動をしようと思いまして、その間無収入になる訳にもいかないと言うシンプルな理由です。

実は大学生の頃バイトでヤマト運輸のメール便配達をやっていて、原付3輪バイクで小田原の街を駆け回ったのが楽しかった記憶があり(今までのバイトで一番良かった)、デリバリーの仕事には何の抵抗もありませんでした。

記念すべき初稼働の日は1件しか配れず、(アプリのシステム上、稼働しているドライバー同士で早押しで注文を取り合う)「これはちょっと全く稼げないな〜」と思っていたのですが、だんだんと慣れてコツを掴みだすと10〜20件と配れるようになってきました。
(※気になる収入は最後に詳しく公開しますよ。笑)

バイクで三島〜沼津の街を駆け回るなかで、いかにも夏らしい景色を発見!

沼津の小高い位置にある住宅街


車ひしめく国道136号線


抜け道でよく通る道の畑


こうゆう景色の発見も案外楽しく、しかも誰かに雇われてる訳ではないので、稼働するも休むも全て自由!
逆に言うと稼働しないと稼げないんで、ズル休みも出来ない。笑

ただしこれを本業にするつもりはなかったので色々と模索しつつ、この間もスーツを着て何社か面接など受けました。

●今までやってきた「接客業の経験」+「DIYなどで興味のあるリフォーム」=【住宅リフォームの営業】かな〜

とか…

●やっぱり大好きな酒を提供できる飲食店を「将来自分でやる開業する為の修業」=【飲食店調理スタッフ】かな〜

とか。

面接や知り合いの話などもいくつか受けてみました。でもどこも何とな〜く引っかかるところがあり、、
それはどれも【それをやっている今が楽しい】と言う想像が出来なかったのです。

…で、結局8月はドップリ出前館でした。笑
(途中バイク故障などトラブルもあり、そのあたりはこちらのYouTubeで!)

と言う事で今年の夏はすっかり配達をしていました。

アパレルの時に「手に職をつけたい」と悩み、職人を目指して挫折したのに【フードデリバリーの配達員】という、誰にでも出来るような仕事に手をつけるなんて、なんとも矛盾しているように聞こえると思いますし、自分でもそう思います。笑

ただ、結論から言うと、なぜか毎日が楽しいです!


収益公開

出前館は配達一件が基本【660円】なのですが、僕の配達地域のブースト報酬で平日は1.2倍で【792円】です。さらに土日祝日は1.4倍で【924円】

これで一日20件配ると…

平日で【15,840円】土日祝日で【18,480円】
これを一週間続けると【10万円以上】は確実に稼げるのです!そうなると、ひと月に一週間休んでも【30万円以上】は稼げる事になります。

さらに業務委託と言う事で、実質自営業扱いになるので、確定申告の際に経費で色々と計上すると税金の面で会社員の時より少なく納めて、おそらくですが手取りが増える事に出来そうです。
そして前述の通り、上司もいなければ部下もいないので、会社の都合で色々と指示を受ける事もシフトで管理される事もない。まさに人間関係ストレスフリーです。笑

配達エリアに慣れてきて、信号に捕まらない抜け道ルート開拓(※コレがせっかちな性に合っていて楽しい!)や、マンション名を把握すると、もはやGoogleマップに頼らずに走れるようになり、そうなるとアプリで注文を取り合う早押しにも勝てるようになり、一日20〜30件ほど配る事が出来る日もありました。
決して毎日そううまくはいかないですが、そうなると【月収40万】も決して無理ではない数字です。

…そんな感じで電気工事士の見習いの時から比べると2倍近く稼げて、もうあの頃(※辛い職人生活で日当7500円)の生活は何だったのか??って言うくらい楽しいののです。笑


そんな日々を過ごす中で【転職】や【働く】という直面している課題に対して、徐々にですが大きな変化を今まさに感じています。

長くなりますのでそのあたりはまた次回!