2018年9月4日火曜日

花水ラオシャン本店 @平塚市花水台

ららぽーと湘南平塚に出かけて参りました。

ショッピングモールに出かけるのが大好きなかみさんと、最近メディアと広告の既得権益に対する不信感でモノ消費に疑問を感じているわたし。

そんな二人が共に出かける訳ですから、当然お互いの利害が一致しなければいけません。笑


また前置きが長くなりましたが…


「ラオシャンで明るいうちから呑みたい!」というお目当てで、平塚までやって参りました。

花水ラオシャン本店


台風で悪天候ですが、相変わらずの有名店。
お昼過ぎの中途半端な時間ですが、店内は賑わっております。

2回目の来店ですが、前回は夜も遅く自分が運転でしたので食べるだけでしたが、周りを見ると一杯シバいている人がちらほら…苦汁を飲んだのであります。笑

そこで今回はこちら!



まずはおつまみチャーシューで瓶ビール!!
さらに餃子も!!



堪りませんね。
明るいうちから呑むという若干の背徳感が、奇しくもさらに酒をうまくします。笑

そして本来の主役をシメに配役して、月見タンメン様が堂々の登場です。



美しい…
そして安い!!なんと400円です。
これを呑んだ後に食って見みたかったんですよね〜

最初そのまま食べて、途中で玉子を溶く!



これで食べた後に、自家製ラー油を垂らしてさらに味変!三段階で楽しめます。地元の人はそんな事しないかもですが。笑

ここのお店は安くて美味い老舗という事で、湘南のソウルフード的な感じのようです。


今ではすっかり「〜さ」とか「〜ら」と言ってしまう伊豆野郎のわたしですが、生まれは神奈川県。地元にいた頃は「〜べ」を乱発しておりました。
実家は山奥ですが、車は湘南ナンバーです。笑

つまりこれは、これはわたしに流れるかすかな湘南の血が欲する味なのであります!笑


…そしてこの後、酒の飲めないかみさんはお目当てのららぽーとを十分に堪能し、お互い満足して伊豆に帰還しました。

めでたしめでたし。


※食べログでお店探しをせずに、うまい店を探す審美眼と嗅覚の鍛錬、地場の情報取集が大事ですな

0 件のコメント:

コメントを投稿